読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

インフルエンザに罹りまして。。

いきなりですが、わたくし二日前にインフルエンザに罹ってしまいました。。。(^_^;)

 

2日前、私はこの頃多忙故に伸びきった見苦しい髪を何とかしたく、土曜日の午後に美容院へカットに行きました。

帰宅途中にコンビニへ立ち寄った際のこと、体のだるさと足の筋肉痛、特にふくらはぎや太ももの裏に痛みが出だしました。

 

帰宅後、急な悪寒が全身を走り、体を温め暖をとるのですがいっこうに改善せず。

 

咳、鼻水などの風邪の症状はまったくない。

 症状は頭痛、急な悪寒、筋肉痛、だるさ、、、、

しばらく様子を見ていましたが、これはほぼインフルエンザの初期症状に間違いないということで時間外でしたがかかり付けの病院へ。

病院での体温は38.5度でした。体温計を見たら余計にだるくなり、だるさでおきているのが非常に辛い状況でした。

診断の結果インフルエンザということで抗インフルエンザ薬を処方してもらい急ぎ帰宅しました。

 

今回は新薬のイナビルを処方してもらいました。

■イナビルについて

f:id:immunityup:20160321130020j:plain

錠剤タイプの薬ですと毎日2回、数日間服用する薬が多いのですが、このイナビルの特徴は初回の吸入作業1回のみで済むのが特徴です。

これは非常に画期的で、体の弱っている子供や高齢者の患者には薬の服用が毎日ですと負担になります。

それが初回の吸入作業で済むのですから助かります。

薬剤は吸入タイプで10歳以上の場合は2本を使用します。

 

イナビルについての詳細は製薬メーカーのページをご覧ください。

■イナビル情報(第一三共 患者向けサイト)はこちら

 

話はもどりまして、

まだ罹患3日目ですが、今回は抗インフルエンザ薬の投与がかなり早かったせいか、インフルエンザ発症初日は体温38.8度まであがりましたが、2日目で37.2度、3日目の今朝は平熱に戻りました!

初日はさすがに体のだるさ、激しい頭痛、足の筋肉が痛くて痛くてまともに眠れませんでした。

つくづく健康のありがたみ、そしてドクターや病院スタッフの方々には感謝です。

 

インフルエンザの感染はもらい事故みたいなものなので運が悪いなーと思う方もおられるかも知れません。体力がある世代ではそれで済みますが、高齢者や小さい子供のインフルエンザ感染は、肺炎や脳炎などに飛び火する場合がありますので油断はできません。

感染のピークは過ぎたとはいえ、私のように春先まで感染する人は多く、夏に感染する人も少数ではありますがいますので、食中毒の対策も含めてどうぞ手洗いや公共の人の手が触れる箇所への接触は普段から気をつける習慣にしたいものです。

 

今回の罹患で、自分の行動ルートを辿ってみると自分がどこで感染したかが幾つか見えてきました。

続きはまた次回に。