読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

性格から見る癌になりやすい人

癌になり易い性格

f:id:immunityup:20170121133619j:plain

癌の原因には遺伝子、生活習慣、ウィルスなどさまざまな要因があります。

 とはいえ、人間は心の影響が体に強く反映すると私は考えます。

笑えば免疫力が活性化されることは医学的にも証明されています。ストレスは免疫力を下げることも証明されています。自分がどう感じるか、どう思うか一つで免疫力にダイレクトに影響します。

それほど心の状態は大事だということです。

 

部屋の乱れは心の乱れとよく言いますが、心の乱れは体の乱れと言ってもあながち間違いではないかもしれませんね。

もちろん病気になったから、あなたは性格が悪いんだよ!なんてことを言いたいわけではありません。。。あくまで傾向の話です。

 

私自身いろいろな人と接してきましたが、メンタリティーの側面から見ると、癌や病気になりやすい人にはいくつかの傾向があるように感じます。

 

今日は視点を変えて、メンタリティーの側面から考えてみましょう。

 

メンタルから見る 私が考える病気になりやすい人の傾向

・嫌われることをとても恐れる人

・いつも言いたいことをはっきり言えない人

・周りに気を遣い過ぎる人

・怒りっぽい人

・感謝のない人

・何かの為にいつも無理してがんばっている人

・生き甲斐が無くいつ死んでもいいと思っている人

・親も癌だったから私も癌になるかもと常に思っている人

 

これらの傾向に当てはまる人が多いように感じます。これらの中には鬱病の人に多い傾向が含まれています。鬱病に限らず癌に関しても同じような傾向を個人的には感じます。

 

これらすべてはストレスに直結しています。

ストレスという言葉に置き換えると、たしかに簡単にまとまります。

たしかにその通りなのですが、そのストレスの元になっている部分を、自分の内側から深掘りして見ていく必要があります。

 

簡単に解説していきます。

・嫌われることをとても恐れる人

・いつも言いたいことをはっきり言えない人

・周りに気を遣い過ぎる人

嫌われることを恐れたり、言いたいことが言えない、気を遣いすぎる性格の人は、自分に自信がなく承認欲求が強い傾向にあります。

いわゆる自己肯定感が低い人です。

相手を傷つけたくない、怒らせたくないという気持ちが異常に強い人です。

自分を出せず我慢が根底に根付いている人のように思います。

それが常に我慢、そしてストレスとなっているように感じます。

あまりに我慢ばかりしてきたことで、自分の疲労や我慢に気づいていない人すらいます。

 

・怒りっぽい人

怒りっぽい人、これも我慢している人が多いですね。

勝手に自分の解釈で腹を立てて思い込んでいる場合の人が多いです。

人を自分の色眼鏡でジャッジする人にも多いように思います。常に良いか悪いか、白か黒か、正義か悪か。

あるいはいつも、「なんで私がやらなきゃいけないの!」とやりたくない事を我慢している人にも多いように思います。

 

・感謝のない人

このような方も意外に多いように感じます。

あなたは感謝を常にしていますか?してきましたか?

家族、友人、食事、お金、社会、家、自然、仕事、そして自分に。

奥様に文句ばかり言う亭主関白で傲慢な人によく見受けられます。

いわゆる感謝のできない人は、自分の思ってるように人生が進まないで、常にイライラしている傾向があります。

そういったマインドも体には良くないですね。

 

・何かの為にいつも無理してがんばっている人

これは言うまでもありませんね。

一人ですべてを背負い込んでしまう人に多いです。知恵を使ったり、人に甘えることを悪としていたり、外に助けを呼ぶことのできないプライドの高い人に多いです。

人は一人では生きていけません。

 

・生き甲斐が無くいつ死んでもいいと思っている人

このタイプの人は決して性格に問題があるというわけでは無いのですが、心に活力がありません。心の健康でいえば不健康です。

当然心の状態は体に表れますから免疫細胞もいきいきとはしないでしょう。

 

・親も癌だったから私も癌になるかもと常に思っている人

意外にこういう方は多いです。そこまで真剣に想っていなくても、時折そういったことを口に出す人は自ら自分の脳にマイナスイメージをすり込んでいることをしています。

それは、自ら病気になることを自分に言い聞かせていることになります。

 

これは結構問題があります。

言葉や想いの力は決して馬鹿にはできません。

 

スポーツ選手は普段から必ず試合のイメージをします。

そのイメージングの時に負けることばかりをイメージするでしょうか。

そんなことはないですよね。

自分が勝つイメージ、成功のイメージしかしません。

マイナスイメージをすればやはり失敗するのは誰でもわかることです。

 

 

いかがでしたか?

人間の心の奥底、潜在意識はとても正直です。

あなたも普段から自分を観察し、良い心がけを大切にしてください。

自己肯定感の低い人は、自分を許すことが重要です。

あまえていいし、人に頼っても良いのです。ありのままの自分を素直に人に見せられるようになる必要があります。

 

病気に打ち勝つには治った後の良いイメージが大切です。

感謝を心がけ治った後に何をしようかと良いイメージングを、毎日心と体に教えてあげてください。

 

良い心持たないと癌は治らないと私は思っています。