読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

癌を消すために必要な思考

がん治療 メンタル

あなたは癌を治すために毎日どんなことを思考していますか?

癌は医者任せで治すのは難しい病気です。

すべてではありませんが、癌から回復した人に多く見られるのに共通していることがあります。

それは前向きで明るい人達です。

あまりくよくよしない性格の人が圧倒的に元気になっています。

このことは何を意味しているのでしょうか?

それは体の免疫力に大きく関係しています。

明るく良く笑うことで免疫力が活性化することは研究で明らかになっています。

 

マイナス思考の刷り込みは呪い

あなたは普段からどんなことを思考し行動していますか?

 

あなたがもし病気であるならば、不安な気持ちは無理もありません。命に関わる病気であるならば尚更です。

しかしもしそれで病気が治るなら苦労はしません。

あなたはそれもよくわかっています。

 

もしあなたが今ネガティブな考えに囚われているのなら、大抵の場合それはまだ現実になってもいない将来への不安が原因です。今の目の前の事ではありません。

心配はいりません。

現実に起こっていない、架空の話。あくまで空想です。

 

1日のうちに何回も不安なことを考え続けると、心の中ではどんどんイメージが刷り込まれていきます。どんどん、どんどん育ちます。

 

1日1時間不安な気持ちでいると、1ヶ月で30時間も自分に不安を刷り込みます。

1年で360時間も不安を自分に刷り込むことに。

普段から四六時中も不安でいたら大変な時間になってしまう。。。。。。

それが病気を治すどころか悪化させてしまうことに大きく貢献するのですから。

 

こうして考えると無駄な時間だと思いませんか?

 

 

それはまさに自分で自分にマイナスの洗脳を一生懸命しているのと同じことです。

その思考は半年、さらには1年も経つと立派な呪いとなって体をむしばみます。

これほんとです。。。治る物も自分で治らなくしてしまいます。

 

潜在意識に刷り込まれたマイナスの考えは体にも症状となって表れる、そう私は考えます。

人の体は正直です。

ストレスで胃が痛くなったり、お腹を壊すくらいですからね。

 

人間のイメージの力は良くも悪くも強いと思っています。

 

気持ちを切り替える

「不安の先取り」は何の得にもなりませんから、今この瞬間からやめてしまいましょう。

不安の先取りをする人が日本人には本当に多いのです。

最悪の事態を回避したいから最悪の事態を想定するのと、不安になることは全く違います。

最悪の事態を想定して先手を打っていくことに、ネガティブな感情はそもそも必要ありません。

気持ちを落ち込ませることは事態を想定した行動ではないことをしっかり理解しましょう。

 

むしろ、ポジティブで楽しい気持ちを自分に刷り込むとどうなるのか、実験のつもりで試してほしいと思います。

 

自分はいずれ治る!どんどん良くなっている!と宣言してください。そこに理由は必要ありません。

 

気持ちを切り替えることに、マイナス思考の人は必ず理由を探します。根拠ばかりを求めていたら気持ちは切り替えられません。

 

気持ちの切り替えは、時に強引に一気にやってしまったほうが良い場合が多いです。

空を眺めたり、新鮮な空気を吸って深呼吸をし、気分を一度リフレッシュしましょう。

 

そしてこう言うのです。

自分がそう決めたのだから、体もそうなる!

 

f:id:immunityup:20160202001042j:plain

こうやって自分に良いイメージをどんどん刷り込んでいきましょう。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサ

 

関連記事

immunityup.hatenablog.com