読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

盲腸を取ると大腸がんになりやすい?

盲腸を取ると大腸癌になりやすい?

f:id:immunityup:20170310170258j:plain

盲腸を手術した人は癌になりやすい?

そう言われてしまうと、虫垂をとったことがある人にとっては気になる言葉ですよね。

これは先日NHKの健康番組ガッテンでとりあげられていたテーマです。

 

実際に番組をご覧になった方もいるかと思います。

 

たまたま私も見ました。

私は10代の頃に虫垂炎で手術を受けていますから少し気になって途中からですが番組を見ました。

番組では虫垂炎の原因について中心に取り上げていました。

 

私としては、虫垂はもともと何の役にも立っていない臓器と思っていたので、免疫に関わる可能性を示唆されるとは思ってもいませんでした。

 

あくまでざっくりな表現ですが、番組によると虫垂は免疫細胞が多く存在しており、腸内環境にそれなりに貢献している可能性があるそうです。

しかも虫垂を手術でとって1年~3年半くらいの期間に大腸癌になる確率が2倍になるというデータがあるとのことでした。

それを過ぎれば、確率は一般的な範囲に戻るそうです。

 

ということは、普段から規則正しい生活をして、食物繊維、乳酸菌、禁酒、ストレスのない生活を心がけるだけで十分病気は防げる話のように思いました。

腸内環境を整えることは免疫力を維持し癌を抑える基本ですから。

 

しかし虫垂をとってしまうと、生涯免疫力が下がるというようなことだと困りますが、そういうことではないなら気にすることはありませんね。

 

やはり体に不要な臓器は無いのかもしれませんね。

 

www9.nhk.or.jp