読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

癌治療 標準治療より期待できる?とある代替療法とは?

癌治療、標準治療より期待できる?とある代替療法とは?

f:id:immunityup:20170120155724j:plain

癌治療において、病院での標準医療は基本といわれますが、それが本当に正しいのかと問われればそうともいえません。

現代医学のいまできることの範囲でベターというだけです。

とはいえ癌患者にしてみれば精神的、肉体的、費用などの負担は著しく大きいのが癌治療の悩みです。

しかも治る見込みもまったく未知数のものも多い。

これでは患者さん自身、なかなか希望を持てませんし、標準治療に関しても不満がつのるばかりです。

 

事実、癌患者の方の約半数は病院の治療以外に、健康食品、民間療法、代替医療などなんらかの対応をしているそうです。

そこで今日は代替療法に着目し、私が調べてみた期待できそうなものをお伝えします。

※あくまで一つの情報ですので、あなたご自身でもしっかり調べてみて下さい。

 

抗がん剤よりよっぽどいい?期待が膨らむ代替療法 コロイドヨード療法

コロイドヨード療法とはメディアートクリニックの前山ドクターが開発した癌治療向けの療法です。日本の医師達からはさんざん馬鹿にされたそうですが、今ではこの療法を採用するドクターも少しずつ増えてきて、一定の成果で出てきているそうです。

 

コロイドヨード療法は、ヨード、つまりヨウ素を利用した治療方法です。

ヨードチンキなど消毒に使われるあれです。

ヨードには体外に活性酸素や有害物質、癌細胞などを体外へ排出する作用があるといわれています。

これを人体に安全なものに開発され、つつましくも実際に癌治療の現場で使用されています。

ただ、これは自由診療です。つまり保険適応外の代替療法ですので、通常の病院では治療を受けることはできません。保険診療の病院では取り扱っていませんのでご注意ください。

 

コロイドヨードの特徴

 

・癌細胞だけをたたき、副作用がない

コロイドヨード療法の利点は抗がん剤と比較するととてもはっきりわかります。

副作用が無いというのはとても大きいです。抗がん剤はまさに正常細胞をも一緒にたたいてしまうので、体へのダメージが著しいです。

コロイドヨードは基本的に副作用は皆無なので安心して治療ができます。

・耐性がない

耐性がないということはとても重要です。

抗がん剤は打てばうつほど効かなくなる耐性があります。医師から抗がん剤を何度も変更される場合は、最初から薬が効かないか、初めのうちは効いてマーカー値も下がったが、耐性のために薬が効かなくなり変更するパターンが多いです。

薬は変更できても肉体は変更できません。体が受けるダメージはどんどん増していきます。そこが抗がん剤の一番の問題です。

・蓄積がない

抗がん剤は薬によっては、一回打つと薬剤が体から抜けるのに1年~2年かかるものがあるといわれています。蓄積性が高いのが抗がん剤の問題点の一つです。

たとえ表面上問題なくても抗がん剤の影響で、ある日突然体の不調で倒れてしまう人が時折います。

これはまぎれもない抗がん剤の弊害です。

 

コロイドヨードの場合は体に薬剤が蓄積しません。すべて尿として体の外へ排出されていきます。

ですから、何度でも使用を続けることが可能です。

 

そういった違いからもコロイドヨード療法は、まさに理想的な癌治療ではないでしょうか。

 

次回はコロイドヨードがなぜ癌に効果があるのか(癌腫や体質によって例外あり)

その原理を見ていきたいと思います。