読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

減塩は万病の元 減塩の大きな間違い

減塩の大きな間違い

f:id:immunityup:20170429154424j:plain

最近では減塩の商品が多く出回るようになってきました。

今日は減塩の間違いについてお話します。

 

塩分の摂りすぎ=不健康

これはたしかにそうだと思います。

過ぎたるは及ばざるがごとし。

なんでも過剰に摂りすぎるのは禁物です。

 

ただ逆もまたしかり。

足りないことも禁物です!

塩分に関しては特に私はそう思っています。

 

高血圧は塩分のせい?

塩分の摂りすぎ=高血圧 は本当なのか?

これははっきりいって間違いです。

 

減塩では血圧はほとんど下がらない

高血圧の原因の大半は遺伝です。

もちろん、運動不足や肥満も要因にはなります。

塩の摂りすぎの影響といえば、塩辛いものを食べ過ぎて水分をとりすぎ、体液が増えて血圧が一時的にあがるといった感じでしょうか。

しかしそれは食塩のような精製塩が原因です。

ミネラルたっぷりの本当の塩なら少々摂っても血圧には影響しません。

良質な塩には血圧を下げるカリウムなども豊富に含まれています。

 

あなたは本当の塩を選んでいますか?

食塩などの精製塩はやめておきましょう。

塩を買うときにパッケージの裏を必ず確認してください。

食塩(精製塩)はだめです。精製の段階で必要なミネラルがほぼ無くなっています。

単なる塩化ナトリウムだけの塩もどきです。

 

塩は必ず「天日塩」を買うようにしてください。

天日塩、あるいは天日干しといったことが書かれているパッケージの塩をなるべく選びましょう。

 

天日塩、つまり良質な海水を乾燥させて作った天然の塩には、多くのミネラル成分がナチュラルに配合されています。人工的ではなくこのナチュラルに配合されていることがいいんです。

そこにはカリウムマグネシウムの他にも体のバランスを調整するためのミネラルが実に絶妙に配合されている人類に与えられた最高の天然調味料です。

 

それは海のあらゆる生物を育むエネルギーを持っています。

良い塩は、適量をしっかりとっていれば人体に悪いわけがありません。

 

腎不全などで無い限り、減塩するよりもしっかり天日塩を摂りましょう。その方が、脳の報酬系も刺激され気分も思考もすっきりします。

腎不全の方も規定量2.0gのままで塩を天日塩に変えた方が良いと思います。

体液のバランスもとれて体が元気になります。

 

癌のエサは糖質ですが、ナトリウムを取り過ぎるとミトコンドリアの活性が低下して癌が増えるという意見も一部ゲルソン療法などではありますが、学者ではない私には実際のところわかりません。

 

ただいえることは、問題は精製塩などの塩化ナトリウム単体の過剰摂取であり、塩自体が悪いとは到底思えません。

 

精製塩は中性ですが、天日塩は弱アルカリ性です。これが決定的に違うことです。

 

体はアルカリ性に傾いた方が癌になりにくいのは間違いありません。

ですから飲酒やタバコ、ストレス、糖質の過剰摂取、偏った食事などを長く続けると病気になるのです。それは体が酸化するからです。酸化がいずれ癌を生みます。

 

現代医学がここにもっと重点的に着目しないことは残念でなりません。

 

病院食なども塩化ナトリウムばかりをつかっています。コストがあるから仕方ないのでしょうが、天日塩であれば、もう少し病気の回復は早くなることは間違いないと思うのですが。

 

毎日使う調味料などの影響は決して馬鹿にできるものではありません。

 

 

参考になるサイト

血液と塩 森下敬一