免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

西洋医学、東洋医学のメリットデメリット

f:id:immunityup:20170326141753j:plain

西洋医学、東洋医学のメリットデメリット


現代医学は西洋医学が圧倒的中心に展開されています。


なぜ日本は西洋医学中心なのか?

それについては時代を遡りますが、明治時代のころに明治政府が医師免許取得の許可を、西洋医学者のみとすることを決定したことに端を発します。

その理由は結核や肺炎、腸炎、その他の感染症などに西洋医学が非常に強かったためと考えられています。


当時は肺の病気や腸の病気にかかる人が今よりもはるかに多く、抗生物質のおかげで劇的な変化がもたらされていた時代です。

そういったこともあり、即効性の高い西洋医学至上主義が確立されたことは想像に難くないです。

もちろん、西洋医学のおかけで、私たちの生活は相当助けられていることが沢山あり、私も心から感謝しています。


一方で東洋医学はというと、最近でこそ、病院でも漢方薬が見直され、緊急性を要しない症状には漢方薬の導入が少しずつ増えてきてはいます。

血圧や血糖、自律神経や、そのほかに体質に関する改善を促すことに東洋医学はとても向いています。

漢方薬はまだまだ日本の医学者には認知が低く、実はとても良い生薬がたくさんあるのですが、導入がいまいちな現状には残念に思います。医者が少ないことも要因にあるように思います。

 

今日は西洋医学のメリットデメリット、東洋医学のメリットデメリットについて、簡単ではありますがフォーカスしてみたいと思います。


西洋医学のメリットデメリット

メリット

感染症に向いている

・緊急性の症状に強い

・検査や診断などが正確

・ミクロ、マクロ単位に強い

 

デメリット

・慢性疾患に弱い

・副作用が強い

・対処療法が多い

・診断がつなかいと即対処療法になる

 

東洋医学のメリットデメリット


メリット
・体質に関する疾患に向いている

・漢方はゆるやかに効くので副作用がやや弱い(例外あり)

・体質改善など根本的解決を目指す


デメリット

漢方薬に関してはあまり即効性がない

・病気の診断が難しい

・緊急的対応はできない

・導入例が少なくデータが少ない

 

 

こうしてざっくり見てみるとわかりやすいですね。

東洋医学の場合は、おおむね西洋医学の逆になるような感じです。


西洋医学は急性のものにはとても強いです。
これは医療技術の進歩や薬の進歩のおかげです。


頭痛薬や痛み止めのおかげで相当助かっている方も多いのではないでしょうか。


しかし、糖尿病や慢性腎不全、リウマチ、アトピーうつ病などの慢性的な疾患には西洋医学は弱い傾向にあります。


慢性疾患に関しては原因の特定ができていないものは、西洋医学でも苦戦をしいられているわけです。

原因の特定ができない疾患に対しては、基本的に原因ではなく症状に対する対症療法のみということになります。


例えば、血圧が高いのなら、原因を探ることよりも、ダイレクトに血圧を下げることだけをします。

しかし高血圧の人でも、遺伝以外に体がただ単純に硬いことやストレスで高血圧になっている場合などもありうるわけで、薬で無理やり下げ続けることはどうかと思います。
しかしその人の高血圧の原因はわからないので、とりあえず薬を出すということです。


もちろん、医者も患者個々に対して、生活習慣から心理的なことまでをサポートすることは、物理的に難しいのは無理もないので仕方のないことかもしれません。

 

逆に東洋医学の場合は、西洋医学ほど即効性の高いものは多くはありませんが、長い目で見た場合、体質の改善や、西洋医学では診断のつかない症状に対しても大きな効果を発揮する場合があります。

 


病気は急性の病気と慢性の病気におおむね分けることができます。


自分の病気がどのような性質なのかを、ある程度見極める必要があります。


がんの場合、大半は慢性的なものです。いわいる慢性疾患と言っても間違いではありません。

例外は常にありますが、殆どのがんはたいていの場合、数年~10年ほどかけて腫瘍が大きくなり検査で引っ掛かります。


つまり発見されるくらいになってしまっては、対処療法では完治させにくい性質です。

 

手術で根こそぎ腫瘍を取ってしまえれば話は違いますが、遠隔転移の心配もあり、不安はしっかり残ります。

 

抗がん剤も、上皮がんの類には効果がうすく、寛解に至った人はおおむね手術を受けた人です。

手術なしで、抗がん剤だけで腫瘍がすべて消えてしまった人は非常にレアです。

 

つまり緊急的な対処が得意な西洋医学だけでは治療としては不十分なのではないでしょうか。
もちろん症例の少ない東洋医学だけで癌を治せるかどうかもかなり難しい話ではありますが。


ですから、こと癌に関しては治療だけでなく、日ごろの食事や生活習慣、考え方などのトータル的なケアが大切ということになります。まだがんになっていないのであれば、予防としてはなおさらです。


これはどちらかというと東洋医学の考え方です。

 

西洋医学の考え方と東洋医学の考え方をしっかり理解し、上手に活用して生活に取り入れたいものです。

 

 

immunityup.hatenablog.com

 

 

 

がんを防ぐ物質エクオールとは

f:id:immunityup:20170714095746j:plain

あなたはエクオールというものをご存知ですか?

クオールは腸内細菌が作り出す物質です。

このエクオール大豆イソフラボンの仲間ですが、大豆からは摂取することはできません。腸内細菌がつくりだすのみのようのです。

 

このエクオール大豆イソフラボンよりも高いアンチエイジング作用があることが研究によってわかっています。

 

本物のアンチエイジング効果?

藤田保健衛生大学の実験で3か月間エクオールが入った錠剤を摂取した人と、していない人との実験において、エクオールを摂取した人たちの方は、目じりのシワに大きな改善があったということです。

通常アンチエイジングといっても老化の進行を抑えることと同義と考えますが、細胞レベルの変化でシワが改善したとなるとすごいことです。

また、肩こりや、ほてり、骨密度などを改善することから更年期障害にも大きな効果が期待できるとても良い物質であることがわかっています。

 

このエクオール、残念ながら重要な問題点があります。

先ほども述べた通り、エクオールは腸内細菌が作り出すものです。

しかしそれは日本人の場合、2人に1人しかエクオールを作ることができないそうです。

つまりエクオールを作り出せる腸内細菌を持っている人でないと生産できません。

 

ひょっとしたら、普段大してスキンケアをしていなくてもお肌がきれいな人はエクオールをつくることができる人なのかもしれません。

逆にお手入れをマメにしていても小シワが多く、老け顔の人はエクオールを産生できない?なんてこともあるかもしれません。

 

まあ、シワに関しては、若いころからの紫外線の影響や、皮膚の厚み、もともとの骨格や表情筋の影響もあるでしょうからなんともいえませんが。

 現在ではエクオールの研究を参考につくられた健康食品が出ているようです。

大塚製薬 エクエル 112粒

 

クオールを作り出す腸内細菌とは

クオールを作り出す腸内細菌は現時点で分かっているものとしては

「ラクトコッカス20-92」という腸内細菌です。

この菌は大塚製薬が長年の研究からやったとの想いで見つけることのできた貴重な腸内細菌です。

イソフラボンに含まれているダイゼインという成分をエサにしてエクオールが作られます。

 

クオールはがん予防にも効果的?

クオールはがん予防にも大きな期待がよせられています。

クオールは女性ホルモンに似た働きがありますので、特に前立腺癌の予防効果が期待できるそうです。

 

日本と韓国での疫学調査の結果によって、前立腺癌になる人はエクオールを作り出すことができない人に多いことがわかっています。

 

日本人の場合は、エクオールを作れる人は2人に1人とお話ししました。

日本で前立腺癌の影響で亡くなる人は2011年のデータを調べると年間約1万人にも及びます。

これでも十分多い数字なのですがアメリカはもっと多いです。

 

アメリカの場合、日本の10倍の前立腺がんの発症率です。

アメリカの人口は日本の約2.6倍ですが、それにしても10倍は多いですね。

 

アメリカの場合、人種もいろいろあり一概に一括りにはできませんが、8割のアメリカ人はエクオールを産生することはできない体質といわれています。

 

アジア圏には比較的エクオールを作り出せる腸内細菌を持っている人が多いことから、発酵食品をよく食べる国とそうでない国の関係があるのかもしれません。

 

たとえエクオールが生産できなくても、糖質を控えて空腹時間をつくり、毎日適度な運動をしているだけでも十分にがんの予防になります。

 

まずは自分にできることから健康管理をはじめてください。

 

 

自分がエクオールを作り出せるかどうかは今は検査キットで簡単に調べることができます。

女性のキレイと健康のために / エクオール検査「ソイチェック」

 

 

歌手の麻倉未稀さんに見る乳癌の考察

f:id:immunityup:20170804152504j:plain

近年、乳癌患者の増加とともに、乳癌検診を受ける人も増えているそうです。

その理由は正確なところはわかりませんが、芸能人の方の乳癌罹患の発表が増えていることも検診をうける啓発に繋がっているように感じます。

 

最近ではお笑い芸人の、だいたひかるさんや歌手の麻倉未稀さんが乳癌の手術をうけたことがニュースになっていました。

 

麻倉未稀さんの場合、胸に2㎝大のしこりが二つほどあったそうで、手術としては乳房全摘となったようです。

 

術後の経過も良好とのことで、幸いなことに乳房近隣のリンパ節の転移はなかったそうなので、大事には至らなさそうです。

乳癌に限らずがん全般に関していえることですが、「リンパ節への転移があるかないか」、これがその後の治療、完治に関して大きな意味を持ちます。

 

麻倉未稀さんの場合、情報通りリンパ節の転移がないとすれば定期検査と食事やライフスタイルの見直し改善をすることで、大幅に再発を予防することが可能になります。

 

リンパ節の転移などがあったり遠隔転移がある場合、乳癌の特徴で原発巣(おおもとの)の腫瘍を摘出すると、他の腫瘍の増殖が大幅に加速する傾向がみらるからです。

 

ですから乳がんの腫瘍は、できれば乳房に1個だけあるうちに対処することが望ましいのです。

 

とはいえ、癌細胞の一つ一つの大きさはものすごく微細なので体内に残ってはいます。

通常であれば免疫細胞の働きによって癌細胞は除去できますが、乳癌の場合、遺伝の問題があったり、または癌になったことには他にも要因はありますので、ライフスタイルの改善など、なんらかの術後の対処は必要です。

手術で腫瘍を摘出してしまえばもう安心というわけにはいかないのが癌の厄介なところです。

 

検診を勧める重要な理由

成人の女性であれば多くの方は健康診断でマンモグラフィー検査をうけられた経験がおありかと思いますが、可能な限り2年に一回もしくは年に1回は検査をしたほうがよさそうです。

 

乳癌の場合といいますか、癌の種類で進行のとても速いタイプの癌になってくると、2年でも結構進行してしまう場合があるので、高齢者で体力の問題がある人以外は、やはり早期発見と早期治療が功をそうします。

 

乳がんの場合は早期であればやはり手術で除去することができれば、予後はずいぶん良いのです。

 

それでもマンモグラフィー検査の癌発見率は70%といいます。

見落とし、あるいは微妙な状態だったりするものもあるので、定期的な状態確認は定期検査をすることでチェックしておきたいものです。

 

また普段から自分で触診をすることはやっておいた方がよいです。

普段から乳房をチェックしておけば、もし仮にしこりを発見しても小さい段階であれば、命に別状はほとんどありません。

 

乳がん早期発見のメリット

・最悪でも手術だけで済む(リンパ節の転移なしの場合)

・入院しても早ければ2、3日で退院が可能

・予後がとても良い

・通常の生活ができる

・肉体的、精神的、経済的負担が少ない

 

乳がん早期発見のデメリット

・なし

 

乳がんの発見が遅れた場合の負担

・状況によっては手術することすらできない可能性がある

抗がん剤で腫瘍を小さくしてからの手術

抗がん剤治療

放射線治療

・精神的負担

・体力的負担

・経済的負担

・長期入院もしくは複数回入院

・長い治療期間

・家族への精神的、経済的負担

 

もちろん手術をすることは面倒ですし怖いかもしれませんが、やはり放っておいた場合のリスクを考えると早めのチェック、早めの対応をしておいたほうが絶対的に賢明といえます。

 

ここ最近、検査をしておられない方は一度検診を!

 

 関連記事

immunityup.hatenablog.com

 

 

癌患者が気をつけたい免疫力低下の一番の原因

癌患者が気をつけたい免疫力低下の一番の原因

f:id:immunityup:20170723160513j:plain

なぜ人間の免疫力は低下するのか。

 

わたしたちの健康を維持するために、体内では常に免疫機能が働いています。

なんらかの理由でこの免疫機能が低下すると人は病気になります。

癌などは、特に免疫力が低い状態を長い期間放置してきたことによって引き起こされる事が多いといわれている病気です。(一部例外有り)

 

免疫力を低下させるもの

・加齢

・ストレス

・低体温

・運動不足

・睡眠不足

・偏った食事

ステロイドなどの薬剤

 

加齢以外で、これらの中に当てはまる物があった場合は対応が必要です。

このうちのどれが該当しても免疫力に対して悪影響を及ぼしますが、中でも気を付けておきたい項目があります。

特に注意したいことはストレス

特にストレスは健康を強力に害します。ストレスは交感神経を刺激し血流を悪くさせます。そして白血球の活性度も著しく下げてしまうので免疫力には悪影響です。

 

そしてなぜストレスが一番よくないのか?

それには重大な理由があります。

それはストレスが強くかかった状態を放置すると、上記の「免疫力を低下させるもの」でとりあげた、加齢、低体温、運動不足、睡眠不足、偏った食事、これらのすべてをストレスが引き起こしてしまうからです。

ストレスは老化を促進し、体温を低下させ、運動する気力を奪い、睡眠不足をもたらし、偏った食事を促進させてしまいます。

 

ですから慢性的なストレスはとても健康に悪いのです。

癌治療、癌予防の観点からも、ストレス対策は必須の課題となります。

心配事、悩み、うつ、元気がない、笑顔になれない、悲しい気持ち、不安な気持ちなどを持ち続けることは非常に治療成績を落としてしまうので注意が必要です。

 

ストレスやそれにつながる悩みや不安がある人は、カウンセリングやセラピーを受けて、心を癒し、考え方を変え、ストレス源となるものを排除もしくは受け流すようにする必要があります。メンタリティの改善と強化はとても重要です。

 

癌に打ち勝つ人は心をより健全に、そして力強く保つ人に圧倒的に多い印象を持ちます。

 

現在ご病気の方は、常に自分が健康を回復している途中だという意識を強く意識し、常に治った後の計画などをアバウトでいいのでイメージしてほしいのです。

 

人の体は意識に引っ張られる傾向があります。意識自体がダメージを受けていると体の回復は相当に遅れてしまったり、治る病気も治らないなんてことも有りうるのです。

 

もし身近になんら手段の無い方は、やはり様々な本を読み、それに立ち向かう知識を入れていくことが手っ取り早くて良いことだと私は思います。

 

病気のことを知るだけでなく、自分のことをしっかり認識し、目の前の現実に翻弄されるのではなく、自分の人生を自分でコントロールする意識を持つことが病気から快復する大きな鍵になると確信します。

 

immunityup.hatenablog.com

 参考になる書籍

 

 

 

表情が免疫力に影響する

表情が免疫力に影響する

f:id:immunityup:20170525102436j:plain

 

今日は人の表情と免疫についてお話したいと思います。

あなたの普段の何気ない時の表情はどんな顔をしていますか?

だれでも自分のニュートラルな状態の顔は知らないものです。

自分の顔は鏡で見ないとわかりませんからね。

どうですか?知っていますか?

しかめっ面、への字口、うつむき加減、眉間にしわを寄せていませんか?

周りの人に一度確認してみてください。

 

表情は普段の自分の状態を如実に表します。

そしてとても免疫力に影響していると私は考えます。

 

あなたは最近、大笑いしたことがありますか?

昨日は1回でも笑いましたか?今日はどうですか?

 

もしそうでないなら、良くありませんね~。

人は大きな悩みを抱えてしまうと笑えません。

いま抱えている悩みを解決できるのなら、それを解決すればよいのですが、何か重大な悩みですぐに解決でそうでないのなら、しっかりと気持ちを切り替える技術が必要です。気持ちの切り替え方についてはまた別の機会に。

 

話を笑いに戻しますが、笑いは心と体の健康にとって非常に重要です。

笑いは免疫力をぐっと高めます。普段からニコニコしている人がたまにいますね。

そういった方はとても良い傾向にあります。笑顔は健康維持に欠かせません。

 

笑顔よりもさらに効果が期待できることは大笑いすることです。

 

大笑いすることでナチュラルキラー細胞が活性化することはよく知られています。

大阪国際がんセンターでは、お笑いの吉本興業との連携で、笑いと免疫力の研究にも力を入れているということで最近話題になりました。

 

 

特に大笑いをすると、人によっては通常時の5倍のNK細胞の活性がみられた人もいるくらいです。大笑いをすればするほど、白血球は元気になります。

その後の免疫力の活性は人によっては数時間続く人もいるそうです。

すごいですね。

 

しかし裏を返せば、落ち込んだりストレスを抱えていると、その逆を引き起こしますので思い煩うことは極力さけたいものです。思い煩っても何も解決しませんからね。

悩んでも本当に解決はできません。逆効果でしかありません。

 

歳を取るほど笑えなくなる

高齢者ほど笑わない傾向が強いようです。

小学生では1日に200~300回笑うそうですが、高齢者は1日数回しか笑わない人が多いそうです。この差は歴然としています。

その理由についてはまだ詳細な仕組みはわかっていません。

科学的な根拠はともかく、私の単純な想像ですが高齢者になってくると人生経験も豊富ですし、刺激に対しても鈍感になり感受性が衰えてきます。人に多く会う人は高齢者でもそれなにり笑う傾向にありますが、家に籠りがちであったり、友人や顔見知りが少ない方は笑顔は格段に少なくなるようです。

笑いが少ない人ほど病気になりやすく、痴呆にもなりやすいといった情報もあります。

 

普段の生活で笑いが少ないと思う人は自分が笑える何かを見つけて下さい。

猫背だったり、下を向きがちな人は姿勢を正し少し視点を上向きにしましょう。

f:id:immunityup:20170714095746j:plain

そして顔の口角を上げる(つくり笑顔)だけでも気持ちが軽くなり、免疫力が少し上がることもわかっています。

今この瞬間に、歯を見せるようにつくり笑顔をしながらこの記事を読みすすめていきましょうか。

どうですか?

なんとなく気持ちが少し上向きになりませんか?

口角を上げると脳が笑っていると勘違いして免疫力が少しあがるようです。しかめっ面が習慣になっている人は、お風呂に入っている時でも良いので、ぜひ口角を上げる練習をしてください。

 

人間は心の生き物です。

いくら食べ物や薬、治療法など外部に活路を求めても、心が乱れていては治る病気も治りません。病気を治すのは医者や治療法だけでは不十分です。

癌の場合、今現在の医療技術では結局のところ免疫力に頼る部分が圧倒的に多いのです。病気は自分が主体的に考え行動して、初めて治るものと私は確信しています。

 

そういう私も最近、大笑いはちょっと少ないです。

1日一回は大笑いできるようしたいものですね。

 

immunityup.hatenablog.com

 

 

 参考サイト

www.sawai.co.jp

 

近い将来に癌は撲滅できる?待望の最新がん代替療法

近い将来に癌は撲滅できる?待望の最新がん代替療法

f:id:immunityup:20170701104945j:plain

昨年話題となった画期的ながん治療法「近赤外光線免疫療法」

今年に入って、アメリカでの臨床段階の大詰めに入っているとされるこの治療法。

 

私がいま、最も期待している最新のがん治療法です。昨年大変話題になったので、ご存知の方も多いと思います。

ご存じない方のために今日はこの治療法について少しお話します。

 

近赤外光線免疫療法とは

この療法は米国立がん研究所の小林久隆主任研究員が開発した画期的な癌治療法です。

この治療法はこれまでの標準治療とはまったく違うアプローチで癌を治療します。

 

すご~くシンプルにわかりやすく説明します。

 

まず癌細胞にだけ結合する特殊な抗体を注射して体に入れます。

癌にこの抗体が結合したら、近赤外線を照射します。

そうすると、特殊な抗体が結合した癌細胞だけが破壊されます。

ざっくりとこんな感じです。

 

この治療法が凄いのは、副作用が殆ど無いということなのです。

癌治療には何かと体や精神に負担となることが多いのですが、この治療はダメージが殆ど無いのが画期的です。

 

しかも驚きなのは、近赤外線の照射で全身の癌の8割以上は治療できるそうです。

ただ3cmを超える大きな腫瘍に関しては、光ファイバーを体に入れて患部を内側から照射できれば治療が可能だとのこと。

 

しかもこの治療装置が数百万円程度と、他の重粒子線治療気や放射線治療気と比べて圧倒的に安い。

数十年の歳月をかけて開発されてきた技術ですので、治療の料金がどうなるのかも気になるところです。

安直ではありますが、機材のコストが安ければ普及が進み、普及が進めば治療費が安くなるのは自然の理。

 

仮に治療費が少々高額でも、治療効果が圧倒的であれば、効果が殆ど期待できない高額な抗がん剤や、体にダメージが残る手術にかかる費用や入院のことを思えば納得もできます。

そうなるとますます期待が高まってしまいますね。

 

がん予防も可能か?

私がこの治療法が優れていると感じることは、血流に乗っているかもしれない目に見えなく、小さく微細な癌細胞を破壊することができる可能性があることです。

 

癌は遠隔転移します。

腫瘍を取り除いても安心はできません。その場しのぎです。

体調を改善しなければいずれ転移することが多いのです。

微細な癌細胞が集まれば、どこかの臓器に新たに発現します。

特に転移の多い肺や肝臓などは治療が難しい場所です。

 

この治療なら転移を未然に防ぐことすら可能になるかもしれません。今は治療医学だけでなく、予防医学の時代に入っています。

まさに近赤外光線免疫療法は、癌治療、癌予防にも応用できそうな革新的な技術です。

 

アメリカでの研究開発なので、日本と違いとてもスピーディーに行われているでしょうが、この技術が私たちのもとに普及するのはまだ少し先になりそうです。

目標としては2~3年後とのことです。

実際はそれより遅くなると思います。

 

とはいえ現在すでに臨床段階に入っているので、この治療法がリリースされると世界は激変するかもしれません。

現在癌と戦っておられる方のためにも、一刻も早く普及させていただきたい治療法です。

 

ぜひとも変な圧力などで普及が妨げられないことを切に願います。

さすがに米国立がん研究所がやっていることなので、大丈夫かと思いますが、日本にいつ普及するのかという点で見ると、少しかかりそうなので、できるだけ急いでほしいところです。

 

それと同時に、かつて結核が不治の病とされ、ペニシリンの登場によって現代では結核は完治できるものとなりました。

癌も近い将来、簡単に治る病気となっていくような予感を強く感じさせる画期的な治療法です。

 

関連サイト

www.mugendai-web.jp

 

 

癌治療 なぜ免疫力を高めなけらばいけないのか

癌治療 なぜ免疫力を高めなけらばいけないのか

f:id:immunityup:20160110151553j:plain

癌を克服するためには、体内の癌細胞を減らしていかなくてはなりません。

私たちの体の中では日々癌細胞は発生しています。

病院の治療はあくまで対処療法です。根治治療ではありません。

結局のところ私たち自身が備えている免疫細胞たちに頑張ってもらうしか癌は治りません。

 

加齢であったりその他の理由で免疫力が下がってくると、体内の癌細胞は少しずつ増えていきます。そして年月が過ぎ、ある時に爆発的に増えて目に見える腫瘍となってどこかの臓器に出現します。

 

ですから普段から免疫力が下がらないように、できるだけ若いころとまではいかなくても、今できる最大のパフォーマンスを免疫細胞たちに発揮してもらわなければならないのです。

免疫力を高めるというよりは、下がった免疫力を回復させると言ったほうが正確かもしれません。

若いころや健康体の時の力があれば、多くの場合癌は基本発現しないのですから。

 

癌の腫瘍の大きさが1センチで癌細胞の数は10億個といわれています。

だれでも毎日数千個は癌細胞が発生するといわれていますから、長期間免疫力が下がった状態でいることはとても危険なのです。徐々に体内で癌細胞が増えていきます。

 

ですから、普段から食事、睡眠、運動、ストレスなどの対策は必須となるわけです。

私自身、中でもとりわけ重要だと思っているのがメンタリティです。

食事も睡眠も運動もストレスも、すべて改善をしていくためには心のバランスが取れていないとうまくいきません。

こころが乱れているとやる気もでませんし、マイナス思考に陥ってしまうと癌の進行は加速します。

 

人間は考え方がスマートでないと、病気になりますし人生自体がうまくいきません。

 

今一度自分の心の状態も確認することが必要です。

 

普段あまり本を読まれない方に、シンプルでおすすめの書籍

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

 

 

参考となる記事

immunityup.hatenablog.com