読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

癌治療、標準治療より期待できる?とある代替療法とは?③

代替療法

癌治療、標準治療より期待できる?とある代替療法とは?③

f:id:immunityup:20170326141753j:plain

これまでコロイドヨード療法というものに触れてきました。

今日はその投与方法について触れてみたいと思います。

コロイドヨード療法の投与方法

コロイドヨード療法にはいくつかの投与方法があります。

投与方法が多いということはとても良いことです。

 

癌患者のおかれている状態は人によってまちまちだからです。

癌腫、体調によって投与方法が選べることはすばらしいことです。

投与方法は多岐にわたるのでここでは簡単にお伝えします。

 

・内服

内服が最もポピュラーな方法です。

一回で30mlのコロイドヨード溶液を服用するだけです。

自宅で一人で出来るやり方なのが負担なく便利な方法ですね。

 

・注射と点滴

この方法は、血液に直接溶液を注入するので効果が高そうです。

主に食事がとれないような体調の人にとられる投与方法です。

最初は50ml程度の少量からはじめていき、徐々に増やしていくやり方です。

 

・吸入

主に肺がん患者の方向けの方法です。

ぜんそく治療などに使われる吸入器を利用してコロイドヨード溶液を霧状で吸入する方法です。

 

・注腸

直腸癌の患者さん向けの方法です。

おしりから自分で溶液を直接注入するやり方です。

 

・膣内注入

膣内注入は子宮頸がん患者の方のための方法です。

粘りけをつけた溶液を注入するようですが、出来る人と出来ない人がいるので状況によって自分でするのかどうか判断が求められます。

 

実際に実践されている方法は以上のようです。

その他にもまだ実験段階の方法がいくつかあるそうです。

癌にも様々な種類がまだまだありますので、今後の治療法の増加に期待したいとおもいます。

 

自分でできるコロイドヨード療法

これらの投与方法のうち自宅できるのは以下の投与方法です。

・内服

・吸入

・注腸

・膣内注入

やはり自宅でできる点は癌患者にとってはとても大きなポイントですね。

しかも副作用がないのなら、やはり一度は試す価値はあると思います。

 

代替医療を馬鹿にするのではなく、あらゆる可能性を見つけるためにも、ご自身でしっかり調べられてみてはいかがでしょうか。

 

大病院で採用されないことについての理由などについては今後しっかり記事にしていきたいと思います。

 

代替医療やコロイドヨード療法について参考になる書籍

末期がん逆転の治療法

末期がん逆転の治療法

 

 

 

 

 

癌治療、標準治療より期待できる?とある代替療法とは?②

代替療法

癌治療、標準治療より期待できる?とある代替療法とは?②

f:id:immunityup:20170325141656j:plain

昨日はコロイドヨード療法について簡単に説明しましたが、今日は少し掘り下げてみたいと思います。

とはいえ私は専門家でもなんでもありませんので、あくまで参考程度に留めてください。

 

コロイドヨードは体内に蓄積されないのが大きな利点とお伝えしました。

抗がん剤に限らず、抗生物質でも、他の薬でもそうなのですが、体の中に蓄積していくというのはよろしくありません。蓄積物にの影響で体の機能に異常を来すリスクが少なからず上がるからです。

 

コロイドヨードは約2時間くらいで体の外へ排出されてしまいます。

そうなると効き目が短時間で弱い印象を受けますが、その方がいいのです。

持続性に関しては手間ではありますが、数時間おきに投与すればよいというだけのことです。

手間はありますが、抗がん剤の蓄積負担のリスクを考えればずいぶん体も気も楽です。

 

コロイドヨード療法の仕組みとは何か?

では、コロイドヨード療法はどんなメカニズムで癌に効果があるのか?

開発者の前山医師によると、「細胞膜」が一つのポイントとなるそうです。

専門的な説明は難しいですし、私も理解していないので、ここでは分かりやすく説明します。

通常、抗がん剤は癌細胞と正常細胞のどちらの細胞膜をも通過して、細胞内に入り込み毒性を発揮するのですが、コロイドヨードは正常細胞の細胞膜は通過できず、癌細胞の細胞膜は通過するようです。

それゆえに癌細胞にのみ効果があるというのがドクターの見解です。

これについては、詳しい論文やデータを私は持ち合わせていないので正確な判断はできませんが、理屈は通っているかもしれません。

 

コロイドヨードの利点、効果の仕組み まとめ

抗がん剤は正常細胞、癌細胞問わず細胞膜を通過する

・コロイドヨードは癌細胞の細胞膜だけを通過する

・コロイドヨードは体内に蓄積しないから蓄積負担のリスクがない(約2時間で尿として排出)

・コロイドヨードは副作用が少ない

 

いかがでしたか?

私もこの療法を実際に試したわけでも見たわけでもありません。

しかし腫瘍系の癌に罹った場合、抗がん剤での根治は到底期待できない以上は何らかの対策を取らなければなりません。

あらゆる利害、制約にしばられず、癌治療のみを純粋に追求した治療法がないのか、もっともっと探し調べる必要があります。

 

現代医学や医療従事者には感謝の念は絶えません。ただ医者のいうことだけを聞いていては癌の場合、助かる物も助からないことが多いのもまた事実です。

 

代替療法は駄目だと馬鹿にするのではなく、あくまで客観的にどんな仕組みで成果はどうなのかを調べていく必要があります。

 

コロイドヨード療法には様々な投与方法があります。

それはまた次でお伝えいたします。

 

 

 

 

癌治療 標準治療より期待できる?とある代替療法とは?

代替療法

癌治療、標準治療より期待できる?とある代替療法とは?

f:id:immunityup:20170120155724j:plain

癌治療において、病院での標準医療は基本といわれますが、それが本当に正しいのかと問われればそうともいえません。

現代医学のいまできることの範囲でベターというだけです。

とはいえ癌患者にしてみれば精神的、肉体的、費用などの負担は著しく大きいのが癌治療の悩みです。

しかも治る見込みもまったく未知数のものも多い。

これでは患者さん自身、なかなか希望を持てませんし、標準治療に関しても不満がつのるばかりです。

 

事実、癌患者の方の約半数は病院の治療以外に、健康食品、民間療法、代替医療などなんらかの対応をしているそうです。

そこで今日は代替療法に着目し、私が調べてみた期待できそうなものをお伝えします。

※あくまで一つの情報ですので、あなたご自身でもしっかり調べてみて下さい。

 

抗がん剤よりよっぽどいい?期待が膨らむ代替療法 コロイドヨード療法

コロイドヨード療法とはメディアートクリニックの前山ドクターが開発した癌治療向けの療法です。日本の医師達からはさんざん馬鹿にされたそうですが、今ではこの療法を採用するドクターも少しずつ増えてきて、一定の成果で出てきているそうです。

 

コロイドヨード療法は、ヨード、つまりヨウ素を利用した治療方法です。

ヨードチンキなど消毒に使われるあれです。

ヨードには体外に活性酸素や有害物質、癌細胞などを体外へ排出する作用があるといわれています。

これを人体に安全なものに開発され、つつましくも実際に癌治療の現場で使用されています。

ただ、これは自由診療です。つまり保険適応外の代替療法ですので、通常の病院では治療を受けることはできません。保険診療の病院では取り扱っていませんのでご注意ください。

 

コロイドヨードの特徴

 

・癌細胞だけをたたき、副作用がない

コロイドヨード療法の利点は抗がん剤と比較するととてもはっきりわかります。

副作用が無いというのはとても大きいです。抗がん剤はまさに正常細胞をも一緒にたたいてしまうので、体へのダメージが著しいです。

コロイドヨードは基本的に副作用は皆無なので安心して治療ができます。

・耐性がない

耐性がないということはとても重要です。

抗がん剤は打てばうつほど効かなくなる耐性があります。医師から抗がん剤を何度も変更される場合は、最初から薬が効かないか、初めのうちは効いてマーカー値も下がったが、耐性のために薬が効かなくなり変更するパターンが多いです。

薬は変更できても肉体は変更できません。体が受けるダメージはどんどん増していきます。そこが抗がん剤の一番の問題です。

・蓄積がない

抗がん剤は薬によっては、一回打つと薬剤が体から抜けるのに1年~2年かかるものがあるといわれています。蓄積性が高いのが抗がん剤の問題点の一つです。

たとえ表面上問題なくても抗がん剤の影響で、ある日突然体の不調で倒れてしまう人が時折います。

これはまぎれもない抗がん剤の弊害です。

 

コロイドヨードの場合は体に薬剤が蓄積しません。すべて尿として体の外へ排出されていきます。

ですから、何度でも使用を続けることが可能です。

 

そういった違いからもコロイドヨード療法は、まさに理想的な癌治療ではないでしょうか。

 

次回はコロイドヨードがなぜ癌に効果があるのか(癌腫や体質によって例外あり)

その原理を見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

乳酸菌で癌予防 乳酸菌ブーム到来

乳酸菌で癌予防? 乳酸菌ブーム到来

f:id:immunityup:20160103152017j:plain

このごろは乳酸菌のCMが凄いですね~。

青汁の中に乳酸菌。今やチョコレートにも乳酸菌が入っている製品も出ていますね。

 

近年、乳酸菌と腸との関係が研究機関などで大きくクローズアップされてから、食品メーカー、健康食品メーカーなど、各業界がしのぎを削って乳酸菌製品の開発に力を注いでいます。

 

日本は世界各国に先駆けて高齢社会に突入していますから、非常に健康志向の強い人が増えています。

乳酸菌は手軽に生産でき、また手軽に摂れるので、そこにたしかな健康効果があれば、まさに需要と供給が合致します。

高いニーズがあるのでとにかく宣伝をすれば売れる状態のようです。

そんな私も乳酸菌を普段の食事で積極的に取りいれている一人です。

私の場合はR-1を飲むことが多いです。

どこまで効果があるかわかりませんが、免疫力維持の目的でよく飲みます。

私はアトピーの花粉症もありませんので、効果のほどは判断できません。

手軽に自分のナチュラルキラー細胞などの活性度を調べられたらいいのですが。

 

そもそも乳酸菌をとりいれることにはどんな意味があるのか?

私の友人の内科医の話によると、ポイントは腸内環境を整えるということになるそうです。腸内環境が悪いと病気になりやすいといわれています。

これについては私もさまざまな書籍やドクターの意見も聞いていますので間違いないようです。

 

先日の盲腸の話でもありましたが、腸は免疫力に深く関わっています。

癌になる人、その他の病気になる人にでも、腸内環境の悪化が実は深く影響しているのではないか、ということで世界中が腸内環境について躍起になって研究されています。

 

事実アトピー性皮膚炎や花粉症の方に乳酸菌を定期的に摂取させると、症状が改善する例はよく聞く話です。花粉症の方やアトピーの方は乳酸菌飲料をいろいろと試してみられてはいかがでしょうか。

私の知人に乳酸菌飲料のR-1を2週間ほど飲んでいたら花粉症がかなり改善したという話をつい先日聞きました。

 

その他、長年酷いアトピーに悩んでいた友人はヤクルトを飲み続けてアトピーがかなり改善したのを私も見ていますので、やはり乳酸菌は一定の効果がありそうです。

とはいえ、人の腸内環境は千差万別だそうなので、ご自分にあった乳酸菌を見つける必要がありそうです。

 

乳酸菌は種類が多すぎて、いろいろ試すしか自分に合ったものを見つけるのは難しそうです。具体的に何かの症状の改善がないと、自分にとって良いのかどうかわからないから難しいところです。まさに個人差があるということですね。

 

個人差と言えば別の意味で、事実わたしはヤクルトを飲むとお腹がゆるくなります。

それは乳酸菌ではなく、ひょっとしたら甘味料の影響なのかも知れませんが。。。

乳酸菌飲料に入っている人工甘味料、、、、あれは何とか排除してもらえないかな~と思っています。

 

人工甘味料の弊害については別の機会に。

 

しかし、なぜ乳酸菌でそういった症状や病気が改善するのかというと、腸内環境が整うことによって免疫の過剰反応がバランスよく調整されるのではないかという理屈だそうです。他の要因もあるかもしれませんので、今後の正確なメカニズムが解明されていくことに期待します。

 

それらを踏まえて考えると、癌患者の人が病気を克服しようとする場合、やはり腸内環境をベストな状態に整えることは最低限必須ではないかと私は考えます。

もちろん、乳酸菌に限らず、食物繊維をバランス良く食事で摂ったりすることも大切なことですね。

 

あなたは腸内環境を整えるために何かしていますか?

 

おすすめの関連書籍

 

 

 

 

 

盲腸を取ると大腸がんになりやすい?

免疫力 大腸癌

盲腸を取ると大腸癌になりやすい?

f:id:immunityup:20170310170258j:plain

盲腸を手術した人は癌になりやすい?

そう言われてしまうと、虫垂をとったことがある人にとっては気になる言葉ですよね。

これは先日NHKの健康番組ガッテンでとりあげられていたテーマです。

 

実際に番組をご覧になった方もいるかと思います。

 

たまたま私も見ました。

私は10代の頃に虫垂炎で手術を受けていますから少し気になって途中からですが番組を見ました。

番組では虫垂炎の原因について中心に取り上げていました。

 

私としては、虫垂はもともと何の役にも立っていない臓器と思っていたので、免疫に関わる可能性を示唆されるとは思ってもいませんでした。

 

あくまでざっくりな表現ですが、番組によると虫垂は免疫細胞が多く存在しており、腸内環境にそれなりに貢献している可能性があるそうです。

しかも虫垂を手術でとって1年~3年半くらいの期間に大腸癌になる確率が2倍になるというデータがあるとのことでした。

それを過ぎれば、確率は一般的な範囲に戻るそうです。

 

ということは、普段から規則正しい生活をして、食物繊維、乳酸菌、禁酒、ストレスのない生活を心がけるだけで十分病気は防げる話のように思いました。

腸内環境を整えることは免疫力を維持し癌を抑える基本ですから。

 

しかし虫垂をとってしまうと、生涯免疫力が下がるというようなことだと困りますが、そういうことではないなら気にすることはありませんね。

 

やはり体に不要な臓器は無いのかもしれませんね。

 

www9.nhk.or.jp

 

 

 

 

 

 

いきなりですが、あなたの便は細いですか太いですか?病気のサインかも?

大腸癌 大腸がん 食事 癌予防 短鎖脂肪酸

いきなりですが、あなたの便は細いですか太いですか?

f:id:immunityup:20170227144206j:plain

細い便しか出ない人、形がいびつな人は要注意です。便が太ければいいというものでもありませんが、細いのだけというのは問題がありそうです。

大腸にポリープができていて通り道をふさいでいると、便が通らなくなり細くなる場合があります。

その他に、食物繊維が不足していたり、やわらかいものばかりを食べていたり、腸の環境が悪化して、腸内細菌や腸の働き事態が悪くても便が細くなる場合もあるようです。

体質的に軟便の人は問題はあまりないかもしれませんが、いずれにせよ40歳を過ぎたら一度大腸カメラを受けたほうがよいかもしれません。

 

一般的に便は、ある程度太く(親指の太さくらい、あるいはそれより太い)バナナ型が望ましいといわれています。

あなたの子供の頃はどうだったでしょうか?

今より快便でしたか?

もしそうだとすれば、現在は若い頃よりも腸内環境が悪化していることになります。

もちろん、人間は老化していきますから、若い頃より腸内環境が悪化してもそれは自然なことではありますが。

 

いずれにせよ、普段の食生活が悪いと腸内環境が悪化し、大腸癌の因子を増やすことに繋がりかねません。

特に小腸は免疫力の多くを司る場所です。腸内環境を普段から意識した生活が健康維持には不可欠です。

 

食物繊維の重要性

f:id:immunityup:20160103152017j:plain

お通じを良くするために、必要不可欠で大事な食材があります。

それは食物繊維です。

食物繊維は便を太くするだけでなく、大事な働きがもう一つあります。

それは腸内環境を改善します。

便を物理的に太くするならゴボウなどの不溶性食物繊維も効果的ですが、

腸内環境の改善にはもう一つ、「水溶性食物繊維」が大きくこれに貢献するといわれています。

水溶性食物繊維は腸内環境を大きく改善するといわれている「短鎖脂肪酸の生成に役立つといわれています。

水溶性食物繊維が腸内細菌に働きかけて、短鎖脂肪酸を腸内細菌が増やす効果が報告されています。

 

短鎖脂肪酸は腸内環境改善には欠かせない成分です。まだ注目されていませんが、今後大きくクローズアップされてくる成分です。

短鎖脂肪酸は体を太り難くし、腸そのものを健康にする効果が期待されている成分です。

特に注目されているのは、過敏性腸症候群などに関連した物質である炎症性サイトカインの抑制や、癌を誘発する原因の一つといわれているβグルクロニダーゼの活性低下を促す効果があります。

 

癌患者の人の中には、腸内環境を改善することで免疫状態を健康にすることを期待して、短鎖脂肪酸を直接取り込める健康食品などを積極的に取り入れている人もいます。

バイオジェニックス食品のエコサンテ液

 

 

いずれにせよ生活習慣の乱れや、ストレスなどによって、落ちてしまった免疫力を回復させるには腸内環境の改善は必須です。

 

 

よい便を出すためにおすすめの食材

f:id:immunityup:20170227145636j:plain

・とろろ昆布

あくまで私の個人的経験からですが、よいお通じを取り戻すのにおすすめの食材は「とろろ昆布」です!

とろろ昆布は水溶性の食物繊維を多く含んでいます。

食事の際、ごはんのお供にとろろ昆布を食べてみてください。

これだけで、個人差はあれど、便通が変わってきます。

便がまとまりやすく、お通じも楽になります。

どうしても野菜不足で食物繊維が他に摂れない場合にも、とろろ昆布は手軽ですのでおすすめです。

お味噌汁、場合によってはインスタントラーメンに入れても意外に合います。

どうしても食物繊維がとれない時にとろろ昆布はとても手軽に利用できます。

スーパーで手軽に手に入りますので、一度お試しください。

 

 

 

こんな症状がでたら注意 大腸癌のサイン

大腸癌

大腸癌 トイレでわかる病気のサイン

f:id:immunityup:20170217142140j:plain

大腸癌は癌の中でもとても多い癌です。

厚生労働省が実施している患者調査の平成26年調査を見てみると、大腸癌の患者は約26万人となっています。

性別では男性15万人、女性11万人です。

 

癌患者全般の患者数が約160万人ですから、大腸癌の患者は癌患者のおよそ16%の人が大腸癌ということになります。

癌患者 約6人に1人が大腸癌に罹っているのです。

 

排便から判る大腸癌の症状

大腸癌はさまざま症状があり、人によって大きく異なります。

ここではよくある症状を取り上げます。

 

・腹痛

腹痛もおなかの異常を知らせるシグナルです。

大腸2㎝以上のポリープができると便が腸を通らなくなってきます。

それによって便秘や下痢、腹痛を起こす人がいます。

頻繁に腹痛を感じる人は検査をおすすめします。

 

・血便がでる

血便といっても大腸癌の場合、濁った濃い血液が出る場合が多いです。

きれいな赤色の血液の場合は痔による出血の場合が大半です。

排便後おしりを吹いたときにトイレットペーパーに赤くきれいな血がつく場合は、たいていは痔です。

過度の心配はいらないとは思いますが、出血が続くなら迷わず大腸カメラをおすすめします。

 

※きれいな血でも、痔の出血とは限らない例外もあるので、出血が何度もあるのなら検査をおすすめします。実際、私の祖父は痔と思い込んでいて直腸癌でした。それが原因で他界しております。

 

なるべく大腸カメラをしたくない、でも痔かどうかの判断をしたいという人は、肛門科を受診してください。

肛門科ではとてもスピーディーに痔の診断、直腸の診断を目視でしてもらえます。肛門科で痔と直腸の診断であれば、大抵の場合たかだか数秒程度です。

男性の場合、前立腺も触診してもらえますので直腸が肥大しているかも簡易的に調べてもらえます。

これで痔による出血かそうでないのかが簡単に診断できます。

 

※とはいえこれもあくまで痔かどうかであり、本当に大腸に問題が無いというものではありません。大腸からの出血はなくても大きくなりつつあるポリープは大腸にすでにあるかもしれません。

そこは踏まえておいてください。

 

 

 

・便が細くなる

細い便しか出なくなった場合、大腸癌もしくは腸内に大きなポリープができている場合があります。

ただ、基本的に柔らかい便は細くなる傾向にあります。食物繊維が不足気味の人も便が細くなる傾向にあります。

普段と違ってきた、あるいは明らかに細い便しかでないのであれば一度大腸カメラをおすすめします。

 

※実際にあった話

脅かすつもりはないのですが、実際私の知り合いで便が細くなったということで、大腸カメラで診断を受けた人がいます。

その人の検査の結果は、大腸癌のステージ4と診断されました。。。。ステージ4ですので多臓器に転移ということです。

現在も元気ではおられますが、寛解にはいたっていません。治療中です。

 

特に他の症状は無く、便が細くなっただけでも時に、ステージ4まで癌が進んでいる場合もあります。

便の太さが小指の太さ程度の便しか出ないような人は大腸カメラの検査をしたほうが良いと思います。

 

 

・急に便秘になった

今まで便秘になったことの無い人が、急に便秘になりなかなか便が出ない場合も大腸癌の可能性があります。

大腸にできたポリープが腸の通り道をふさいでいる可能性があります。

運度不足やストレスなどの心当たりが無いのであればやはり早急な検査をおすすめします。

 

・下痢が続く、下痢と便秘を繰り返す

下痢が続く人、下痢と便秘を繰り返す人も大腸癌の可能性がないとはいえません。

自律神経が乱れている人にも多く見られるこの症状ですが、大腸癌になった人にもよく見られる症状です。

若い頃から持っている症状の場合は自律神経系が原因かもしれませんが、そうでない場合はやはり検査をおすすめします。

 

まとめ

出血、便が細い、下痢や便秘が頻繁にあるのなら、一度は大腸カメラを受けてください。

大腸癌は幸い早期であれば、ほぼ完治する癌です。

癌の中ではかなり治癒率の高い癌です。

ステージ2以下なら楽勝といっても過言ではありません。

 

定期的な大腸検査をしていれば早期診断に大きく貢献します。

40歳を過ぎた方は一度大腸カメラの検査をしてください。