免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

食の乱れはこころの乱れ

食の乱れは心の乱れ

 f:id:immunityup:20170601145934j:plain

非常に暑いですね~。(^_^;)

私はまだ扇風機で過ごせていますが、エアコンを稼働させる日も近いでしょう。

暑い日は食欲が落ちてしまいますね。

夏はついつい食が乱れがちになってしまいます。

 

そこで今日は心と食の関係についてお話します。

 

あなたは普段どんな食事を好んでいますか?

あなたは毎日どんな食を心がけていますか?

まったく考えていませんか?しっかり選んでいますか?

和食主体ですか?洋食主体でしょうか?

ファーストフードやインスタント食品が多いですか?

 

人間はおもしろいもので、若い頃は味の濃いファストフードなどを好んで食べる人が多いです。

しかし30代~40代以降からは、だんだんと食の好みも変わっていきます。

肉体労働でもしていない限り、高齢になると脂っこいものは苦手になります。

体が必要としなくなり、食べ物を消化する能力も低下してくるためです。

 

もしあなたが40代以上であって、ファストフードや脂っこい食事を頻繁に食べているのであれば、ある意味お若いといえますが、そろそろ気をつけた方が良いでしょう。

気をつけた方がよいのは、食事だけではありません。

 

自分のメンタリティに関しても同じ事が言えます。

 

心が落ち着いていて、しっかりとした考え方が出来ている人は、どちらかというとヘルシーであっさりした食事を好む傾向にあります。あくまで私の主観ではありますが。

 

逆に心が乱れていてストレスが貯まっていたり、落ち着きのないイライラした状態の人ほどファストフードを好む傾向にあります。

 

それは脂っこい刺激的な物を食べると、脳が快感物質である様々なホルモンの分泌を促進し、気分が良くなるからです。

一見そのことに問題は無いようにも思えますが、頻繁に食べるとなると肉体の健康だけでなく、心の健康にもあまりよくありません。

 

つまり脳のバランスを常にファストフードで調整することになってしまうということです。

そうなってしまうと、ファストフード=精神安定剤といった構図ができあがってしまうのです。

つまりストレスでお酒に走る人、ギャンブルに走る人と基本的な構造は同じです。

 

特に若年層でもないのに、ハンバーガーやラーメンを食べたくて仕方ないような人は、非常に心に問題を抱えている可能性があるかもしれません。

うつ病患者に関していえば、心が乱れてしまい、そういったジャンクフードを好んで食べる人がいます。

 

うつ病患者の多くは幼少期からの環境によって形成されたメンタリティに問題が多いのですが、食事の栄養が偏っている人も非常に多いのです。ビタミンやミネラルは脳への影響も大変大きく、うつ病の治療でも食事の重要性が見直されています。

 バランスの良い食事をすることで、脳への影響も変わってくると私は考えます。

 

普段あなたが食べている食事の内容から、自分の心の状態をある程度読むことができますので、是非ご自分で確認してみてください。

 

食事の傾向に問題があると気づいたのなら、自分はいったいどのような気持ちなのか、どのような問題を抱えているのか、しっかり認識をしてください。

怒っているのか、不安なのか、悲しいのか、寂しいのか、辛いのか等々。

 

健康は、心と体が共にそろってはじめて健康といえます。

すべては今の心と体の状態を認識するところから始まります。

 

心は免疫力に多大な影響を及ぼします。

ですから、健康を回復しようとするなら心の状態を客観的に認識することが大切です。

 

参考となる書籍

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後確実に減少していく癌の種類

今後確実に減少していく癌の種類

 

今日は今後確実に減少していくであろう癌の種類についてお話しします。

がんにもいろいろありますよね。

まだまだ医療は発展途上であり、ストレートに治せる癌はほとんどありません。

とはいえ、少なくともいくつかの癌については、現代医学の力で封じ込めつつある癌があります。

f:id:immunityup:20170609095558j:plain

グラフは部位別の癌死亡率のデータです。

水色の線が胃がんで、黄色の線が肝臓癌です。

どちらも停滞、減少傾向になってきています。

 

ご存じの方も多いでしょうが、胃がんの原因の8割はヘリコバクターピロリという菌が原因です。

消化器科で検査をして、早めの治療をすれば大幅に胃がんへの罹患率は下がります。

60歳代以降ではピロリ菌の感染率が非常に高いので検査は早めにしておくことをおすすめいたします。抗生剤の投与で大半の人はピロリ菌を除去できます。

 

肝臓がんは肝炎ウィルスが大きな原因です。もちろん過度の飲酒や、食事、運動不足、などによって脂肪肝になり、脂肪肝から肝炎、そして肝硬変へと移行してしまうと癌になる確率は高まります。いずれにせよ効果的な薬剤が誕生したことでウィルスを除去しやすくなり、肝臓癌は今後確実に減っていくと思います。

 

いずれは血液1滴で簡単にどちらも診断できる時代が来そうです。

それにはまだ今しばらく時間がかかりそうですが、今でも胃と肝臓は検査で状態を知ることが比較的容易なので、是非ご自身の状況を把握しておきましょう。

 

 

immunityup.hatenablog.com

 

 

 

 

大腸癌 内視鏡は2㎝が境目

大腸癌 内視鏡は2㎝が境目

f:id:immunityup:20170603110057j:plain

大腸癌が日本人に多くなっています。

先日、歌手の財津和夫さんが大腸癌に罹っていると発表がありました。

さらっと記事を読んだだけなので詳細はわかりませんが、財津和夫さんの場合は、腸閉塞を発症しその検査の結果大腸癌ということが判明したようです。

となると、財津さんの場合は大腸ポリープが大きくなってしまい腸をふさいでしまった可能性が一番高いと思います。

 

おそらく検査を受けるまでは、便通の調子が悪かったり、時々痛みが走ったりすることが頻繁にあったかもしれません。

痛みは無くとも、細い便しか出なくなっていたなんてこともあったかも知れませんね。

 

私の知人にも大腸癌になった方が数人いますが、そのうちの一人の場合は全く痛みはなく、便通が細いということで大腸検査を受診し、まさかのステージ4の大腸癌と診断さました。

1年以上おなかの痛みを放置して肝臓にまで転移してしまった方もいます。

 

ときおりこうした強い症状がなくてもステージ4を宣告される場合があるので少し気をつけたいところです。

とはいえ多臓器転移さえなければ、大腸癌は癌の中でも比較的対処しやすい癌です。

 

財津さんの回復を心より願っております。

 

大腸癌は早めの検査によって8割は楽勝

とはいえ、大腸癌は定期的な大腸カメラをやることで格段に怖さが少なくなる癌です。

腸の表層にできる浸潤タイプの大腸癌はさすがに悪性度が高いのですが、大腸癌患者の8割は腫瘍タイプの癌です。いわゆる大腸ポリープのタイプです。

そのタイプであるならば大腸カメラで簡単に切除することができます。

ただし内視鏡でポリープを取るにも、取れる大きさには限界があるので、早ければ早いほど良いということなんです。

 内視鏡で切除できる腫瘍の大きさは2センチ強くらいまで

今現在の技術では、ポリープが2センチを超えると切除が難しくなります。

腸の内径の大きさにもよるかもしれませんので、断定まではできませんが。

良性悪性関係なく単純にポリープの大きさの問題です。

その場合は本格的な手術ということになるのでとにかく面倒です。

それは避けたいですよね。

 

ポリープの大きさが3㎝になってくるとほぼ手術で間違いないでしょう。そうなってしまうと、全身麻酔や手術で受ける体へのダメージも大きくなってしまいます。

腸を切除すれば、後々に腸が癒着をおこしやすく痛みが出る場合もあります。

大腸を切除すると腸が短くなるためにお通じにも弊害で出る場合があります。

いきなり便意を催したりして、外食をしても常にトイレの事が気になってしまう人もいます。

 

ポリープが小さいうちなら大腸カメラで簡単に痛みも無く切除できてしまうことを考えると随分な差になってしまいますね。

ですから定期的に大腸カメラで検査をすることは重要ですね。

 

特にお酒をよく飲まれる方や煙草を吸われる方などはポリープが出来やすい傾向にあるので症状が無い今のうちの検査をおすすめします。

飲酒で顔がすぐに赤くなる人は、アルコールの影響で格段に癌になりやすくなるタイプなので要注意ですよ。活性酸素は要注意です。

 

大腸カメラなら検査は半日かからないです。

手術のことを思えば簡単な話です。

 

何事も日頃の心がけがトラブルを少なくします。

 

わたしも前回大腸検査を受けてから5年が経とうとしているので、今年は検査を受けようと思います!

 

immunityup.hatenablog.com

 

 

 

体調不良の原因 実は「口の中」かも?

体調不良の原因 実は「口の中」かも?

f:id:immunityup:20170601101425j:plain

原因不明の体調不良に悩まされている人が多くいることを良く聞きます。

体調不良があれば、それはすべて免疫力に影響します。

ですからある程度は改善しなければなりません。

 

いろんな病院へ行き、検査をしても異常が無かったり診断を受けても疲れや自律神経失調症と診断される人も多いことでしょう。

 

原因不明の体調不良の原因にはさまざま要因があります。

ストレス、自律神経失調症、睡眠不足、運動不足、栄養の偏り、食物アレルギー等々。。。

 

その中でも、今日は原因不明の不調で「口の中に原因がある場合」にフォーカスしたいと思います。

実は口腔ケアに問題があると健康障害を及ぼす場合が希にあります。

いろいろ調べても原因を見いだせない方の原因に、これが当てはまる場合があるかもしれません。

 

あなたは虫歯治療をしたことがありますか?

 

もし一回でも虫歯治療をしたことがある人は一度チェックをした方が良いことがあります。

 

実は虫歯治療に使っている「金属」が体に悪影響を及ぼしている場合があるのです。

歯の詰め物やかぶせ物の金属のことです。

 

要は金属アレルギーをおこしていたり、唾液の電解質で溶けた水銀などの毒性の高い金属成分が体に悪影響を及ぼしている可能性があります。

 

昔は、「アマルガム」という水銀をつかった合金を頻繁に歯の詰め物としてつかっていました。

現在では日本では使われなくなってきていますが、20年、30年前に虫歯治療をしたことのある人なら、アマルガムを使用されている可能性が非常に高いです。

 

アマルガムに準じて「パラジウム合金」という物も虫歯治療で使われていますが、こちらも問題視されています。

 

海外ではこれら人体に害を及ぼす可能性の高い金属は使用禁止の傾向にあります。

金属は他にもニッケルクロム、銀合金、チタン、金合金など様々あります。

インプラントでも金属アレルギーを起こす人もいます。

 

 

これら金属が引き起こす可能性のある体の不調

アトピー性皮膚炎

・皮膚の痛み

・体のだるさ

・頭痛

・めまい

・関節痛

・腕や脚のしびれ

・鼻炎

・ほてり

・むくみ

 

様々な検査をするものの、なかなか原因が特定できない場合に、歯の詰めものの可能性があります。

一度歯医者さんに見てもらって対策を施した方が良いかもしれません。

 

虫歯治療後の歯の補修で、金属系のものが合わないのなら「レジン」へ切り替えることも一つの方法です。

 レジンはわかりやすくいえばプラスティックです。奥歯でなければ耐久性に関しては問題ないです。

もちろんこれも体に合う合わないがありますが、金属が影響しているかどうかを判別するには安価でおすすめです。

 

原因不明の体調不良が続く方は、一度歯の詰めものを調べてみて下さい。

 

参考サイト

アマルガム 金銀パラジウム合金の除去 噛み合わせ治療で全身からアトピー性皮膚炎 掌せき膿胞症 頭痛 肩こり 腰痛を診る 中垣直毅

 

immunityup.hatenablog.com

 

抗がん剤が効く例と効かない例

抗がん剤が効く例と効かない例

f:id:immunityup:20170120155724j:plain

わたしは常々このブログの他の記事でも同じような事を言っていますが、抗がん剤はとにかく正常細胞へのダメージが凄まじい割に、血液系の癌や一部の癌以外にはほとんど効果がないので、使用には慎重になった方が良いと思っています。

 

多くの医者が患者には言いませんが、自分が癌になったら抗がん剤を使うのかと聞くと、大抵の人は使わないとよく言います。私の知人の医者も同じ事を言っています。自分が使いたくないのに人には使うのは何とも罪深いような気がします。。。

国が定めたルールに医者は従うしかないので仕方ありません。

 

そんな悪者よばわりの抗がん剤ですが、抗がん剤を使っても希に体質的に強い人がいます。

それは、子供です。小児癌の場合、抗がん剤を使っても予後が良いケースが比較的多いです。薬に対する効果が出やすく回復も早いことがあるようですが詳細なメカニズムはまだ確定されていません。子供にできる癌の種類にもよるのかも知れません。

 

そして大人でも抗がん剤が有効なケースは白血球の回復が異常に早い人です。

そういった人には有効度はあがります。こればかりは今のところ体質としか言いようがありません。

 

しかし大半の人はそんなことはほぼないので、抗がん剤の使用には慎重に検討することが必要です。

 

 

今のところ私がドクターから聞いている抗がん剤の効果がありそうな癌は、絶対ではありませんが以下です。

白血病

悪性リンパ腫

・子宮繊毛癌

・睾丸腫瘍

・一部の乳がん

 

極めて抗がん剤が効きにくい癌(延命効果は別)

膵臓癌

・腎臓癌

・肺がん

これらの癌には完治を目指す意味としては、ほぼ無意味な場合が多いです。

希に体質的にフィットして劇的に効く人もいるそうなので、完全には否定はしませんが、私なら腫瘍タイプの癌なら手術は状況により、やったとしても抗がん剤は今のところやらないです。体力や免疫力が極端に落ちてしまい、ただただ悪化を促進させます。

 

アメリカのデータでは抗がん剤を使っても使わなくても余命に差がないというデータも一部あります。

私の周囲の人で抗がん剤を使った人と、少数ではありますが抗がん剤を使っていない人を見比べてみると、使っていない人の方がどちらかというと延命率や予後がいいです。

抗がん剤を使わない人に関しては、病気になる前の生活習慣を変えたり、運動、ストレスフリー、腸内環境の改善、体温アップ、筋力アップ、瞑想など、その人なりにいろいろと生活環境を変えたからこそ、予後が良いのもあるでしょう。)

 

しかし、抗がん剤は何をもってして薬剤の効果があるのかという議論もありますが、どの抗がん剤も臨床テストで一定の基準をクリアしたことで認可されています。

かいつまんで言えば、腫瘍は消えなくとも、一定期間の間に一時的に1ミリでも腫瘍が小さくなったことが認められたので認可されています。

 

ですので、抗がん剤は完治というよりは延命を目的としていることの方が強いと私は思っています。

 

 

しかし、抗がん剤はダメージの蓄積があるのが怖いのです。

使えば使うほど、体に甚大なダメージが蓄積します。

 蓄積が無ければまだいいのですが、血管や細胞はどんどんぼろぼろになっていきます。

抜け毛、味覚障害や手足の冷たさ、シビれなどもとても多いです。

それで延命が10年以上伸びるのならまだしも、早ければ1、2年のうちに命を落とす人もいます。

そうなってくると、何もしなくてもそれくらい生きられるのでは?という疑問をいだく遺族の方も多いです。

 

また、数回の抗がん剤使用で甚大な副作用で亡くなる人がいるのも事実です。

 

若い人は体力があるので余程すぐにダメージがでることはないとしても、高齢者にとってはかなり危険な行為です。

1回の抗がん剤で免疫力が危険水域まで減少し、肺炎を起こして死んでしまうこともあります。

副作用を抑えるために、痛み止め、吐き気止めなども多用します。

これにより体に現れる副作用の不調は軽減されたり、苦痛は感じなくなりますが、感じなくなるだけでダメージを消しているわけではないのです。

それを勘違いしてはいけません。

 

少なくとも治療成績の悪い癌であるならば、抗がん剤を使っても使わなくても変わらない。そうであるならば、使わない選択をした方がよほど他の選択肢を試すことができるとも考えられます。他の治療選択肢については、抗がん剤よりよほど有効な代替療法や免疫賦活に役立つ健康成分なども今は出てきています。

 

あまり治療費で儲からない、臨床が少ないなどの理由で普及していない治療法が事実あります。

代替療法、民間療法のすべてがまがい物というわけでははありません。

これについてはまた別の機会にお話したいと思います。

 

immunityup.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心を整える技術が免疫力を高める

心を整える技術が免疫力を高める

 f:id:immunityup:20160202001042j:plain

完全な健康とは?

完全な健康とは、心と体の健康がどちらもそろってはじめて本当の意味で健康といえますよね。当たり前といえば当たり前ですね。

 

ついつい人は体に表れる病気にばかり目がいってしまいます。

それは当然のことです。無理もありません。

 

病気になったから心が落ち込む。病気が良くなってきたから心も良くなる。

たしかにそれも自然な流れです。

でも「病気を治す」には、「心の方から元気」にしないと治りが悪いです。

それがなかなか難しい。。。

 

心が乱れている状態が長く続くことで、それが病気の発症や悪化に影響を及ぼしてしまう例は証明できないだけで山ほどあることでしょう。

それは心が免疫力や食事やその他の体調管理にまでダイレクトに影響するからです。

 

そこで今日は、あなたの心の状態や癖がどうなっているのかを確認する方法をお話しします。

それを知るだけでも健康に近づきます。確実に。

人によっては目が開けたという人も中には いらっしゃいます。

 

 

 

自分の「認知の歪み」を知る

あなたは「認知の歪み」について知っていますか?

ちょっと長くなるので、認知の歪みについてご存じの方はここから先は全く読まなくて結構です。

 

知らない方は是非読んでみて下さい。きっと役にたちます。

 

認知の歪みは精神科医のデビット・D・バーンズ先生が提唱した思考パターンです。

認知の歪みをわかりやすく別の言葉にすれば「心の癖」ともいえるかもしれません。

 

人は認識の仕方や捉え方によって、幸福にも不幸にもなってしまいます。

日々おこる出来事に対して、あなたの認識の仕方に変な癖があると人生が狂います。

時には病気にもなってしまいます。

 

認知の歪みを知ることで、自分の性格や心の状態を確認することに繋がります。

そしてそれを改善することで、良いことばかりが起こるサイクルを作り出すことができます。

 

このブログのテーマに照らし合わせて言えば、心が良くなれば病気もグンと治りやすくなります。病気の予防にも繋がります。

 

 

それでは認知の歪みについて見ていきましょう。

※伝わりやすくするつもりで、私なりの解釈が入っています。あらかじめご了承ください。

 

認知の歪み 代表される10の歪み

 ・全か無かの思考

これはわかりやすくいうと、白か黒かどちらかで物事を考えてしまう思考を指します。

完璧主義の人に多いです。

二元論(にげんろん)ともいいますが、0か100か、良いか悪いか、好きか嫌いかなどで常に人や物事を判断してしまいます。

 

そもそもミスを犯さない完璧な人はいませんし、完璧なものは大自然以外にほとんどありません。

 

世の中は白と黒だけではありません。

そのどちらでもないグレーがあります。

更に言えば、さまざまなカラーがあります。

0か100だけではありません。数字は無限大です。

自分が偏った見方をしていないかどうか、認識するだけで少し気持ちに変化がおきます。

 

全か無かの思考の一例

例:自分が病気になる=情けない、終わりだ ←まさか?終わりでもないし、そもそも病気と情けなさは何の関係も無いです。勘違いです。

 

「六大学出身じゃない=レベルの低い人」 ←学歴と人間性は無関係ということに気づいていない

 

「今の会社を辞めたら人生終わり」 ←自分に自信が無いことが原因。実力をつければ自信が付き、どうしたって生きていけます。学ぶことが優先事項。

 

極端な例えのようですが、このような傾向や考え方を無意識にしてしまっている人は意外に多いのです。

 

・行き過ぎた一般化

経験や根拠が極めて不十分なのに、勝手に自分の中で一般化してしまうこと。

例:「あの車に乗る人はみんな運転マナーが悪い」

自分がたまたまその車に乗る運転マナーの悪い人を数回見ただけでしかないのに、わずかなその経験を勝手に一般化してしまう。以後その車に乗る人は基本的にマナーが悪いと考えてしまう。そのような考え方。

 

・心のフィルター(選択的抽象化)

シンプルにいうと、物事の悪い部分にばかり目が行ってしまうこと。

自分や他人の長所を一切見ないで、短所ばかり気にするなど。

 

あなたは自分や他人のマイナス点ばかり見ていませんか?

 

マイナスを1つ見つけたなら、同時にプラスな点をセットで必ず1つ見つけましょう。

 それができると、幸運やチャンスを見つけることが得意になります。

 例:「なんであの人はあんなに頑固なんだろう、でも不器用でまっすぐなのが彼らしいね」など。

 

・マイナス思考

文字通りマイナスな思考。

物事が上手くいったら、「これは運が良かっただけ」と考え、上手くいかなかったら「ほら、やっぱり予想した通り」と考える。

よくないのは、自分の悪い予想がその通りになったときに、心の奥底で予想を当てた自分を誇らしく思う場合が無意識にあることです。

 

悪いことを当てて喜ぶという思考パターンを無意識に育ててしまうとよくありません。

ネガティブなことばかりを考える癖をより強めてしまいます。

つまり良い可能性を見つけられない性格になってしまいます。

 

マイナスな思考に偏っている人がうつ病患者などでは多数に及びます。

マイナス思考は自己肯定感の低さからくるのが大半です。

この心の癖がある人は早い段階からカウンセリングを受けておいた方がよいといえます。

 

・論理の飛躍

1.心の読み過ぎ

相手に直接聞いたわけでもないのに、勝手に悪い想像をふくらまし、勝手に腹を立てたり落ち込んだりして悩む。

 

ストレートに人に聞くことが苦手なため、コミュニケーションをとらずに思い込みを膨らます傾向にある人が多いように思います。

 

「あ、うん の呼吸」といいますが、お互いの気持ちを察するのが多い日本人には、このタイプがとても多いです。日本語の弊害もそこにあるのかも知れません。

自分の気持ちは、相手にしっかり話さないと基本伝わりません。察してもらおうというのは難しいのです。

 

 

2.先読みの誤り

常に最悪の事態を想定する癖。

 

不測の事態を想定することはある意味防衛本能です。安全管理やビジネスの上では適切ですが、悪い事態を人や先の見えない心配事に当てはめてしまうと、やはり心のバランスがとれなくなります。

 

最悪の事態を頭の中で何度も何度もリフレインさせて気分を落ちこませます。

まだ何も起きていない事柄に振り回され、現実として存在しない不安に振り回されてしまいます。

それでも自分は慎重で計画性があると勘違いしてしまう人もいます。

 想定はあくまで想定、現実ではありません。

現実ではないそれに気持ちが振り回されてしまっては逆効果です。

 

・拡大解釈と過小解釈

これもマイナス思考や心のフィルターともかぶりますが、小さなミスやちょっとした嫌な出来事を、と~っても大きく考えます。

そして良い出来事やチャンスに対しては、とにかく過小評価します。

 

 

・感情だけで決める

このタイプの人はとても多いです。

常に自分の判断基準が「好きか嫌いか」など、感情で判断し感情を根拠として結論を出していく癖です。

そういった人は、好き嫌いで物事を決めていることに気づいていない場合が多いのです。本人の中では、もっともらしい適当な理由はあるのですが、実は感情だけで決めてしまっている人がいます。

 

もちろん感情だけで決めることは誰しもありますが、「人間」に対してそればかりを判断基準にしてしまうとコミュニケーションがおかしくなり、人生が狂います。

人生には感情が邪魔をして正しい判断を下せないことが時としてあるのです。

 

これが癖になっていると、せっかくの人からの正しいアドバイスに対しても、「この人は私のことをわかってくれない」とか「所詮他人だからね」「この人は好きじゃないから正論でも話を聞きたくない」などと間違った理由をつけてしまい、ただただ聞きたくないとなってしまいます。

そんなことより大事なことは、それを受け入れた場合に自分はどう変わるのか?に冷静に目を向けることが重要です。

 

自分にとって耳が痛いことは実は問題の核心だったりします。

 

 

・~べき思考

べき思考は、「~しなければならない」「~するべき」など、自分が本当はどうしたいかではなく、どうするべきかだけで物事を決定する癖です。

それは相手に対しても「~だから~するべき!」と強く求めます。

 

もちろん社会的ルールなどは安定した秩序を作りますからそれは守るべきです。

ただすべてにおいて、この「べき」を当てはめてしまうと心に歪みが生じます。

 

簡単にいうと、「そうするべきだから我慢をする(しろ)」

極端な言い方をすれば、「忍耐は美しい」「犠牲こそ美しい」とまで思っている人がいます。それが良いとされていたのは昔の話。

 

今は、その考えが大きな誤りだと精神医学の世界では認識されています。

犠牲はあくまで結果です。

 

行動の結果として評価されても、自分で我慢をして犠牲になったり、他人に犠牲を強いる話ではありません。

 

自分がしたくて相手にしたことは、そこで気持ちを完結させられます。

それは自分がそれをしたかったからです。相手に見返りは求めません。

 

すべてではありませんが、自分がしたくないのにするべきだからしたことは、時として自分の中で不満(我慢)が残ります。これを心の癖にしてしまい、我慢を繰り返している人は、ついつい他人に見返りを求めがちです。

それの行き着く先は激しい怒りです。

 

相手がそれに応えてくれないと、「せっかく私がしてあげたのに!」「自分はこんなに我慢しているのに、なんであいつはああなんだ!」と、他人に対して攻撃する場合も出てきます。

 

このタイプの人は他人に気を遣いすぎ、自分を大事にしていないことが多いです。

自己肯定感が低いせいで、評価や愛を他人に求めてしまってる人も少なくありません。

 

 心からの善意を相手に送る人は、決して相手に見返りを求めません。

 

 

・レッテル貼り

行き過ぎた一般化の強い例ともいわれています。

偶然起きた出来事なのに、それを人や自分に当てはめてネガティブなレッテルを貼る。

例:「どうせ私は稼ぎの無い負け組です。。」「これだから低学歴は困るわ」など。

ポジティブなことにだけレッテルを貼るならよいのですが、ネガティブにばかりレッテルを貼ると問題です。

マイナス感情を増やすだけで良いことは0です。広い心の視野を失います。

 

 

 ・誤った自己責任化

 難しい状況が発生したときに、自分の責任でまとめてしまう心の癖。

これはうつ病の人に多い心の癖です。

物事が上手くいかなかったりすると自分のせいにしてしまう。

 

他人の問題にまで自分のせいに感じてしまい、自分を責める人もいます。

「部下のミスはすべて私の責任だ、、わたしは駄目な上司だ」とか

「親の期待する学校に合格できなかった、、私は駄目な子供だ」など、自分を責める言葉で締めくくる人は要注意です。

 

他人をコントロールしようとする気持ちや承認欲求(他人から認められたい)を主に行動してしまうことは間違いです。

自分の人生は自分だけの物。他人の人生も他人だけのもの、という自分と他人を尊重した気持ちをベースに持っていないと人生振り回されてしまいます。

 

自分を丁寧に愛し、他人に深く依存や介入しすぎないことが人生上手くいく秘訣です。

それでいいんです。それがいいんです。

 

まとめ

いかがでしたか?

ご自分に当てはめて確認してください。

自分の極端な考え方や、マイナス思考、そしてポジティブなことを過小評価している人は免疫力にもマイナス影響を及ぼします。良い思考も悪い思考も、それは周りの人にも伝播します。

まずは気づくことが大事です。気づけば自分の心の癖がどんどん見えてきます。

それが見えれば修正を自分でかけることもできます。

 

奇跡的な病気の回復をする人は、とにかくとても前向きです。

物事を複雑に考えません。

術後の回復も、薬の効き具合も、病気の消失にも心の癖は影響すると私は考えます。

癌についても経過の良い人には、認知の歪みが少ないことは間違いありません。

 

ご自分の思考に是非注目してみてくだささい。

あなたに幸運がどんどん舞い込みますように!

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサ

 

 

 

 

 

 

発がん性物質? 悪者呼ばわりの発色剤 亜硝酸ナトリウムについて

発がん性物質? 悪者呼ばわりの発色剤 亜硝酸ナトリウムについて

f:id:immunityup:20170516142635j:plain

 

普段、食品スーパーで買い物をする時に製品ラベルをよく見るのですが、食品添加物の多さに驚きを通り越して関心すらしてしまいます。ある意味日本の高い技術力が発揮されていますね(^_^;)

 

食品添加物にもいろいろありますが、日本では実に1000種類を越える添加物が使われているそうです。

その食品添加物が健康に害がなければもちろん問題ないのですが、実態はいろいろあるようです。

 

日本で使われている危険な添加物? 亜硝酸ナトリウム

わたしの友人がやたらとベーコンやハムを食べたがりません。

それは発色剤の亜硝酸ナトリウムが体に良くないという情報をネットで見たからだそうです。

友人いわく、亜硝酸ナトリウム発がん性が高く食べない方が良いとネットの記事で大々的に取り上げられていたそうです。

なるほど。

そう聞くと食べたくないですよね。

 

そこで今日は以前から物議をよんでいる添加物 亜硝酸ナトリウムについて少し調べてみたのでお話します。

 

亜硝酸ナトリウムってなに?

亜硝酸ナトリウムはソーセージやハムなどの発色剤目的で使われている添加物です。

ソーセージやハム、ベーコンがピンク色で綺麗なのはその影響です。

非加熱のソーセージなどには菌を抑制するためにも使用されています。

ワインやドライフルーツにも使われたりすることもあり、漂白や保存料として幅広く活用されているようです。

毒物及び劇物取締法劇物に指定されているようですので大量摂取は危険ということですね。

劇物指定と聞いてしまうと避けたくもなりますね~。

 

亜硝酸ナトリウム発がん性が指摘されていて、アメリカでは妊婦やベビーへの摂取は注意喚起があるようです。

亜硝酸ナトリウムは、口の中、胃の中で発がん性物質のニトロソアミンが精製されることを警戒する意見があります。

さらに致死量は2gということで、これだけを聞くとぞっとしますが、食品に含まれている量は相当少ない量ということで、そこまで気にしなくても良さそうですが。。。

 

 

しかし意外な事実が発覚。。。

 

 

亜硝酸ナトリウムはなんと野菜にも含まれていた!?

ちょっと調べてみれば簡単に情報は出てきます。野菜にも入っている??

特にほうれん草には多く含まれています。。。

野菜に入っているとなると、これは困りものです。

しかし野菜にはミネラルやビタミン、食物繊維も豊富にありますし、野菜を摂らない生活は不可能です。それらの恩恵をより重視するのが自然な考えです。

 

とはいえ野菜から硝酸ナトリウムを摂取してしまっている以上、ハムやベーコンは毎日は食べないで、週に数回程度にしておく程度が良いのかもしれません。

 

参考サイト 農林水産省

農林水産省/野菜等の硝酸塩に関する情報

 

さらにはこんな情報も出てきました。

news.mynavi.jp

↑こうなるとやはりバランス良くなんでも食べることが一番の健康の秘訣という私の持論に戻ってきます。

 

亜硝酸ナトリウムは発色のために使うのなら不必要です。食中毒予防となると必要かもしれません。

添加物の蓄積の弊害よりも、食中毒のほうがよっぽど困りますからね。

 

最近のスーパーでも、発色剤不使用のソーセージやベーコンは少量ですが売られています。もちろん日持ちはしません。少々お高いようですが、そういった商品を利用することも知恵ですね。

 

ただ商品をある程度日持ちさせたり、菌を抑えるためということであれば、あくまで法律やメーカーさんの都合、消費者がいつでも製品を買うことができる利点などなどあり、やむを得ず必要な部分もあるのが添加物です。

食品添加物もさまざまですので、一つひとつを正確に調べてみることが大事ですね。

 

食品から入ってきてしまうものは、簡単に避けることはできません。

すべてを避けていたら、完全自給自足しかありませんし。

 

でも人間には運動などで上手にデトックスすることもできます。

入浴や運動で新陳代謝をあげることは有害物質の影響を抑える効果があります。

動ける方は是非、ウォーキングなどの適度な運動をしてください。

それだけでも体への影響がずいぶん違ってくるはずです。