免疫力を高めよう!がん克服のためのページ

癌の知識、治療のあれこれ、免疫力、癌と向き合うメンタリティ、イメージング、食事、最先端医療などの情報をお届けします。

表情が免疫力に影響する

表情が免疫力に影響する

f:id:immunityup:20170525102436j:plain

 

今日は人の表情と免疫についてお話したいと思います。

あなたの普段の何気ない時の表情はどんな顔をしていますか?

だれでも自分のニュートラルな状態の顔は知らないものです。

自分の顔は鏡で見ないとわかりませんからね。

どうですか?知っていますか?

しかめっ面、への字口、うつむき加減、眉間にしわを寄せていませんか?

周りの人に一度確認してみてください。

 

表情は普段の自分の状態を如実に表します。

そしてとても免疫力に影響していると私は考えます。

 

あなたは最近、大笑いしたことがありますか?

昨日は1回でも笑いましたか?今日はどうですか?

 

もしそうでないなら、良くありませんね~。

人は大きな悩みを抱えてしまうと笑えません。

いま抱えている悩みを解決できるのなら、それを解決すればよいのですが、何か重大な悩みですぐに解決でそうでないのなら、しっかりと気持ちを切り替える技術が必要です。気持ちの切り替え方についてはまた別の機会に。

 

話を笑いに戻しますが、笑いは心と体の健康にとって非常に重要です。

笑いは免疫力をぐっと高めます。普段からニコニコしている人がたまにいますね。

そういった方はとても良い傾向にあります。笑顔は健康維持に欠かせません。

 

笑顔よりもさらに効果が期待できることは大笑いすることです。

 

大笑いすることでナチュラルキラー細胞が活性化することはよく知られています。

大阪国際がんセンターでは、お笑いの吉本興業との連携で、笑いと免疫力の研究にも力を入れているということで最近話題になりました。

 

 

特に大笑いをすると、人によっては通常時の5倍のNK細胞の活性がみられた人もいるくらいです。大笑いをすればするほど、白血球は元気になります。

その後の免疫力の活性は人によっては数時間続く人もいるそうです。

すごいですね。

 

しかし裏を返せば、落ち込んだりストレスを抱えていると、その逆を引き起こしますので思い煩うことは極力さけたいものです。思い煩っても何も解決しませんからね。

悩んでも本当に解決はできません。逆効果でしかありません。

 

歳を取るほど笑えなくなる

高齢者ほど笑わない傾向が強いようです。

小学生では1日に200~300回笑うそうですが、高齢者は1日数回しか笑わない人が多いそうです。この差は歴然としています。

その理由についてはまだ詳細な仕組みはわかっていません。

科学的な根拠はともかく、私の単純な想像ですが高齢者になってくると人生経験も豊富ですし、刺激に対しても鈍感になり感受性が衰えてきます。人に多く会う人は高齢者でもそれなにり笑う傾向にありますが、家に籠りがちであったり、友人や顔見知りが少ない方は笑顔は格段に少なくなるようです。

笑いが少ない人ほど病気になりやすく、痴呆にもなりやすいといった情報もあります。

 

普段の生活で笑いが少ないと思う人は自分が笑える何かを見つけて下さい。

猫背だったり、下を向きがちな人は姿勢を正し少し視点を上向きにしましょう。

f:id:immunityup:20170714095746j:plain

そして顔の口角を上げる(つくり笑顔)だけでも気持ちが軽くなり、免疫力が少し上がることもわかっています。

今この瞬間に、歯を見せるようにつくり笑顔をしながらこの記事を読みすすめていきましょうか。

どうですか?

なんとなく気持ちが少し上向きになりませんか?

口角を上げると脳が笑っていると勘違いして免疫力が少しあがるようです。しかめっ面が習慣になっている人は、お風呂に入っている時でも良いので、ぜひ口角を上げる練習をしてください。

 

人間は心の生き物です。

いくら食べ物や薬、治療法など外部に活路を求めても、心が乱れていては治る病気も治りません。病気を治すのは医者や治療法だけでは不十分です。

癌の場合、今現在の医療技術では結局のところ免疫力に頼る部分が圧倒的に多いのです。病気は自分が主体的に考え行動して、初めて治るものと私は確信しています。

 

そういう私も最近、大笑いはちょっと少ないです。

1日一回は大笑いできるようしたいものですね。

 

immunityup.hatenablog.com

 

 

 参考サイト

www.sawai.co.jp

 

近い将来に癌は撲滅できる?待望の最新がん代替療法

近い将来に癌は撲滅できる?待望の最新がん代替療法

f:id:immunityup:20170701104945j:plain

昨年話題となった画期的ながん治療法「近赤外光線免疫療法」

今年に入って、アメリカでの臨床段階の大詰めに入っているとされるこの治療法。

 

私がいま、最も期待している最新のがん治療法です。昨年大変話題になったので、ご存知の方も多いと思います。

ご存じない方のために今日はこの治療法について少しお話します。

 

近赤外光線免疫療法とは

この療法は米国立がん研究所の小林久隆主任研究員が開発した画期的な癌治療法です。

この治療法はこれまでの標準治療とはまったく違うアプローチで癌を治療します。

 

すご~くシンプルにわかりやすく説明します。

 

まず癌細胞にだけ結合する特殊な抗体を注射して体に入れます。

癌にこの抗体が結合したら、近赤外線を照射します。

そうすると、特殊な抗体が結合した癌細胞だけが破壊されます。

ざっくりとこんな感じです。

 

この治療法が凄いのは、副作用が殆ど無いということなのです。

癌治療には何かと体や精神に負担となることが多いのですが、この治療はダメージが殆ど無いのが画期的です。

 

しかも驚きなのは、近赤外線の照射で全身の癌の8割以上は治療できるそうです。

ただ3cmを超える大きな腫瘍に関しては、光ファイバーを体に入れて患部を内側から照射できれば治療が可能だとのこと。

 

しかもこの治療装置が数百万円程度と、他の重粒子線治療気や放射線治療気と比べて圧倒的に安い。

数十年の歳月をかけて開発されてきた技術ですので、治療の料金がどうなるのかも気になるところです。

安直ではありますが、機材のコストが安ければ普及が進み、普及が進めば治療費が安くなるのは自然の理。

 

仮に治療費が少々高額でも、治療効果が圧倒的であれば、効果が殆ど期待できない高額な抗がん剤や、体にダメージが残る手術にかかる費用や入院のことを思えば納得もできます。

そうなるとますます期待が高まってしまいますね。

 

がん予防も可能か?

私がこの治療法が優れていると感じることは、血流に乗っているかもしれない目に見えなく、小さく微細な癌細胞を破壊することができる可能性があることです。

 

癌は遠隔転移します。

腫瘍を取り除いても安心はできません。その場しのぎです。

体調を改善しなければいずれ転移することが多いのです。

微細な癌細胞が集まれば、どこかの臓器に新たに発現します。

特に転移の多い肺や肝臓などは治療が難しい場所です。

 

この治療なら転移を未然に防ぐことすら可能になるかもしれません。今は治療医学だけでなく、予防医学の時代に入っています。

まさに近赤外光線免疫療法は、癌治療、癌予防にも応用できそうな革新的な技術です。

 

アメリカでの研究開発なので、日本と違いとてもスピーディーに行われているでしょうが、この技術が私たちのもとに普及するのはまだ少し先になりそうです。

目標としては2~3年後とのことです。

実際はそれより遅くなると思います。

 

とはいえ現在すでに臨床段階に入っているので、この治療法がリリースされると世界は激変するかもしれません。

現在癌と戦っておられる方のためにも、一刻も早く普及させていただきたい治療法です。

 

ぜひとも変な圧力などで普及が妨げられないことを切に願います。

さすがに米国立がん研究所がやっていることなので、大丈夫かと思いますが、日本にいつ普及するのかという点で見ると、少しかかりそうなので、できるだけ急いでほしいところです。

 

それと同時に、かつて結核が不治の病とされ、ペニシリンの登場によって現代では結核は完治できるものとなりました。

癌も近い将来、簡単に治る病気となっていくような予感を強く感じさせる画期的な治療法です。

 

関連サイト

www.mugendai-web.jp

 

 

癌治療 なぜ免疫力を高めなけらばいけないのか

癌治療 なぜ免疫力を高めなけらばいけないのか

f:id:immunityup:20160110151553j:plain

癌を克服するためには、体内の癌細胞を減らしていかなくてはなりません。

私たちの体の中では日々癌細胞は発生しています。

病院の治療はあくまで対処療法です。根治治療ではありません。

結局のところ私たち自身が備えている免疫細胞たちに頑張ってもらうしか癌は治りません。

 

加齢であったりその他の理由で免疫力が下がってくると、体内の癌細胞は少しずつ増えていきます。そして年月が過ぎ、ある時に爆発的に増えて目に見える腫瘍となってどこかの臓器に出現します。

 

ですから普段から免疫力が下がらないように、できるだけ若いころとまではいかなくても、今できる最大のパフォーマンスを免疫細胞たちに発揮してもらわなければならないのです。

免疫力を高めるというよりは、下がった免疫力を回復させると言ったほうが正確かもしれません。

若いころや健康体の時の力があれば、多くの場合癌は基本発現しないのですから。

 

癌の腫瘍の大きさが1センチで癌細胞の数は10億個といわれています。

だれでも毎日数千個は癌細胞が発生するといわれていますから、長期間免疫力が下がった状態でいることはとても危険なのです。徐々に体内で癌細胞が増えていきます。

 

ですから、普段から食事、睡眠、運動、ストレスなどの対策は必須となるわけです。

私自身、中でもとりわけ重要だと思っているのがメンタリティです。

食事も睡眠も運動もストレスも、すべて改善をしていくためには心のバランスが取れていないとうまくいきません。

こころが乱れているとやる気もでませんし、マイナス思考に陥ってしまうと癌の進行は加速します。

 

人間は考え方がスマートでないと、病気になりますし人生自体がうまくいきません。

 

今一度自分の心の状態も確認することが必要です。

 

普段あまり本を読まれない方に、シンプルでおすすめの書籍

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

 

 

参考となる記事

immunityup.hatenablog.com

 

 

小林麻央さんへ哀悼の誠を捧げます

 

f:id:immunityup:20170626164724j:plain

とても残念です。悔しい。

小林麻央さんが旅立たれてしまった。。。

聡明で前向きで明るく優しい人柄で、とても好きな人だったこともあり、とても悔しくて仕方ありません。

私は個人的な繋がりは無いのですが、心の底から応援しておりました。

いまだ、どこかこの現実を受け止め切れていない自分がいます。

残されたご家族のことを思うと辛いものがあります。

自分はこのことから、いったい何を学べば良いのか。一人考えています。。。

 

小林麻央さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

しかし、この一件から、どうして彼女があのような病気になったのか。

そのことばかりを考えてしまいます。

 

病気になるには理由があります。それは偏った食事、加齢、腸内環境悪化、運動不足、ウィルス、遺伝子の異常、化学物質、あるいは自分の人生を生きていなかったり(ストレスの蓄積や認知の歪み)と理由は様々です。人によっては原因をスピリチュアルな視点でとらえる人もいます。

このように、医学的には大まかな理由はありますが、仕組みは解ってきていても、真の原因や解決法はまだわかっていません。

彼女の場合、癌の中でも特殊なガンだったと私は思っています。

というのも、癌の進行がとても速いのです。

 

若くて代謝がいいから癌の進行が早いというのはまったくの間違いで、若い人に進行がんが多く発生するというのが正解です。高齢者でも進行の速い癌にかかってしまうと同じような状況になり得ます。

 

乳癌の場合、わずか2~3年で亡くなってしまうことは結構なレアケースです。

食事がどうだとかストレスがどうだとか、そういったことが通用するタイプの癌ではなかったように思います。他の癌とは仕組みが違うことはそういったことから感じていました。

医者でもなく、当事者ではないので詳細はわかりませんので、ここで談義しても仕方のないことなのですが、あまりにも進行が早い。。もちろんそういったケースはあるにはあるのですが。

 

おそらく彼女の癌は通称「トリプルネガティブ」といわれるタイプの癌、もしくはそれに似たタイプの癌だったのかと思います。癌は千差万別ですが、胃がんなら「スキルス」、大腸がんなら「デノボ」など、悪性度の高い癌は各臓器で必ず一つはあるものです。

 

通常乳癌の場合、進行してしまうとホルモン療法や分子標的薬を使っての投薬治療がセオリーなのですが、小林麻央さんの場合はそれらの薬剤が効かないタイプの癌だったのだと思います。ただ未確定な情報からなのであくまで勝手な想像の話です。

 

もちろんトリプルネガティブだったからといって不治の病というわけではありませんし、個人の体質も色濃く影響するのが癌です。

トリプルネガティブでも一度完解にいたって3年経てば再発率はグンと下がります。

ただ基本的には予後の悪いタイプの癌ということなので、こまめな検査をしておいたほうがよいのは間違いのないことです。

 

このタイプの癌は遺伝子の問題が圧倒的に影響しているであろうことは想像に難くないです。早期の段階に原発巣を切除していたら問題なかったかどうかは何とも言えません。

ステージ1でも急速に悪化してしまう人もいれば、ステージ4でも完解していしまう人もいます。

 

癌細胞は小さいです。血液に乗って全身に運ばれますので早期に取ったからといって、原因を正さないといずれはまた形を成して別の場所へ転移して現れる場合が多いのです。

腫瘍をとっても小さな細胞は体内に普通に沢山残っていますし、だれでも毎日体内で癌細胞は発生しています。

癌になる前とその後で、生活スタイルを変えなければいなけいのは再発を防ぐためです。手術をしてそれでまた依然と同じような生活をしていればいずれまた再発します。

 

癌にもいろいろあるということは、原因もそれぞれです。

麻央さんのタイプと同じような癌、そしてあらゆる癌の原因が解明され、より効果的な治療法が出てくることを切に願います。

 

いま乳癌を治療されている方にとっては麻央さんのことは励みでもあったと思います。

彼女が旅立ってしまったことでショックを受けておらる方も多いかもしれません。

ただ癌は千差万別です。一括りにできるものではありません。

気休めということではなく、治療以外に、メンタル、体力、食事なども回復には強く影響するものがあります。しっかりと自分の体がよくなっていくイメージングをして、免疫力を高く保つようにしてください。

笑うだけで免疫力があがるのは証明されているくらいです。

単なる精神論と馬鹿にするドクターもいますが、できることはしっかりコツコツ継続していくほうが健康に近づくのは確かなのですから、心と体の健康管理を日々実践してほしいですし、現在病気ではない方も、今一度生活習慣を見直してほしいと思います。

 

つくづくこう思います。

健康こそが最高の宝物です。

 

食の乱れはこころの乱れ

食の乱れは心の乱れ

 f:id:immunityup:20170601145934j:plain

非常に暑いですね~。(^_^;)

私はまだ扇風機で過ごせていますが、エアコンを稼働させる日も近いでしょう。

暑い日は食欲が落ちてしまいますね。

夏はついつい食が乱れがちになってしまいます。

 

そこで今日は心と食の関係についてお話します。

 

あなたは普段どんな食事を好んでいますか?

あなたは毎日どんな食を心がけていますか?

まったく考えていませんか?しっかり選んでいますか?

和食主体ですか?洋食主体でしょうか?

ファーストフードやインスタント食品が多いですか?

 

人間はおもしろいもので、若い頃は味の濃いファストフードなどを好んで食べる人が多いです。

しかし30代~40代以降からは、だんだんと食の好みも変わっていきます。

肉体労働でもしていない限り、高齢になると脂っこいものは苦手になります。

体が必要としなくなり、食べ物を消化する能力も低下してくるためです。

 

もしあなたが40代以上であって、ファストフードや脂っこい食事を頻繁に食べているのであれば、ある意味お若いといえますが、そろそろ気をつけた方が良いでしょう。

気をつけた方がよいのは、食事だけではありません。

 

自分のメンタリティに関しても同じ事が言えます。

 

心が落ち着いていて、しっかりとした考え方が出来ている人は、どちらかというとヘルシーであっさりした食事を好む傾向にあります。あくまで私の主観ではありますが。

 

逆に心が乱れていてストレスが貯まっていたり、落ち着きのないイライラした状態の人ほどファストフードを好む傾向にあります。

 

それは脂っこい刺激的な物を食べると、脳が快感物質である様々なホルモンの分泌を促進し、気分が良くなるからです。

一見そのことに問題は無いようにも思えますが、頻繁に食べるとなると肉体の健康だけでなく、心の健康にもあまりよくありません。

 

つまり脳のバランスを常にファストフードで調整することになってしまうということです。

そうなってしまうと、ファストフード=精神安定剤といった構図ができあがってしまうのです。

つまりストレスでお酒に走る人、ギャンブルに走る人と基本的な構造は同じです。

 

特に若年層でもないのに、ハンバーガーやラーメンを食べたくて仕方ないような人は、非常に心に問題を抱えている可能性があるかもしれません。

うつ病患者に関していえば、心が乱れてしまい、そういったジャンクフードを好んで食べる人がいます。

 

うつ病患者の多くは幼少期からの環境によって形成されたメンタリティに問題が多いのですが、食事の栄養が偏っている人も非常に多いのです。ビタミンやミネラルは脳への影響も大変大きく、うつ病の治療でも食事の重要性が見直されています。

 バランスの良い食事をすることで、脳への影響も変わってくると私は考えます。

 

普段あなたが食べている食事の内容から、自分の心の状態をある程度読むことができますので、是非ご自分で確認してみてください。

 

食事の傾向に問題があると気づいたのなら、自分はいったいどのような気持ちなのか、どのような問題を抱えているのか、しっかり認識をしてください。

怒っているのか、不安なのか、悲しいのか、寂しいのか、辛いのか等々。

 

健康は、心と体が共にそろってはじめて健康といえます。

すべては今の心と体の状態を認識するところから始まります。

 

心は免疫力に多大な影響を及ぼします。

ですから、健康を回復しようとするなら心の状態を客観的に認識することが大切です。

 

参考となる書籍

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

心の持ち方 完全版 (ディスカヴァー携書)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後確実に減少していく癌の種類

今後確実に減少していく癌の種類

 

今日は今後確実に減少していくであろう癌の種類についてお話しします。

がんにもいろいろありますよね。

まだまだ医療は発展途上であり、ストレートに治せる癌はほとんどありません。

とはいえ、少なくともいくつかの癌については、現代医学の力で封じ込めつつある癌があります。

f:id:immunityup:20170609095558j:plain

グラフは部位別の癌死亡率のデータです。

水色の線が胃がんで、黄色の線が肝臓癌です。

どちらも停滞、減少傾向になってきています。

 

ご存じの方も多いでしょうが、胃がんの原因の8割はヘリコバクターピロリという菌が原因です。

消化器科で検査をして、早めの治療をすれば大幅に胃がんへの罹患率は下がります。

60歳代以降ではピロリ菌の感染率が非常に高いので検査は早めにしておくことをおすすめいたします。抗生剤の投与で大半の人はピロリ菌を除去できます。

 

肝臓がんは肝炎ウィルスが大きな原因です。もちろん過度の飲酒や、食事、運動不足、などによって脂肪肝になり、脂肪肝から肝炎、そして肝硬変へと移行してしまうと癌になる確率は高まります。いずれにせよ効果的な薬剤が誕生したことでウィルスを除去しやすくなり、肝臓癌は今後確実に減っていくと思います。

 

いずれは血液1滴で簡単にどちらも診断できる時代が来そうです。

それにはまだ今しばらく時間がかかりそうですが、今でも胃と肝臓は検査で状態を知ることが比較的容易なので、是非ご自身の状況を把握しておきましょう。

 

 

immunityup.hatenablog.com

 

 

 

 

大腸癌 内視鏡は2㎝が境目

大腸癌 内視鏡は2㎝が境目

f:id:immunityup:20170603110057j:plain

大腸癌が日本人に多くなっています。

先日、歌手の財津和夫さんが大腸癌に罹っていると発表がありました。

さらっと記事を読んだだけなので詳細はわかりませんが、財津和夫さんの場合は、腸閉塞を発症しその検査の結果大腸癌ということが判明したようです。

となると、財津さんの場合は大腸ポリープが大きくなってしまい腸をふさいでしまった可能性が一番高いと思います。

 

おそらく検査を受けるまでは、便通の調子が悪かったり、時々痛みが走ったりすることが頻繁にあったかもしれません。

痛みは無くとも、細い便しか出なくなっていたなんてこともあったかも知れませんね。

 

私の知人にも大腸癌になった方が数人いますが、そのうちの一人の場合は全く痛みはなく、便通が細いということで大腸検査を受診し、まさかのステージ4の大腸癌と診断さました。

1年以上おなかの痛みを放置して肝臓にまで転移してしまった方もいます。

 

ときおりこうした強い症状がなくてもステージ4を宣告される場合があるので少し気をつけたいところです。

とはいえ多臓器転移さえなければ、大腸癌は癌の中でも比較的対処しやすい癌です。

 

財津さんの回復を心より願っております。

 

大腸癌は早めの検査によって8割は楽勝

とはいえ、大腸癌は定期的な大腸カメラをやることで格段に怖さが少なくなる癌です。

腸の表層にできる浸潤タイプの大腸癌はさすがに悪性度が高いのですが、大腸癌患者の8割は腫瘍タイプの癌です。いわゆる大腸ポリープのタイプです。

そのタイプであるならば大腸カメラで簡単に切除することができます。

ただし内視鏡でポリープを取るにも、取れる大きさには限界があるので、早ければ早いほど良いということなんです。

 内視鏡で切除できる腫瘍の大きさは2センチ強くらいまで

今現在の技術では、ポリープが2センチを超えると切除が難しくなります。

腸の内径の大きさにもよるかもしれませんので、断定まではできませんが。

良性悪性関係なく単純にポリープの大きさの問題です。

その場合は本格的な手術ということになるのでとにかく面倒です。

それは避けたいですよね。

 

ポリープの大きさが3㎝になってくるとほぼ手術で間違いないでしょう。そうなってしまうと、全身麻酔や手術で受ける体へのダメージも大きくなってしまいます。

腸を切除すれば、後々に腸が癒着をおこしやすく痛みが出る場合もあります。

大腸を切除すると腸が短くなるためにお通じにも弊害で出る場合があります。

いきなり便意を催したりして、外食をしても常にトイレの事が気になってしまう人もいます。

 

ポリープが小さいうちなら大腸カメラで簡単に痛みも無く切除できてしまうことを考えると随分な差になってしまいますね。

ですから定期的に大腸カメラで検査をすることは重要ですね。

 

特にお酒をよく飲まれる方や煙草を吸われる方などはポリープが出来やすい傾向にあるので症状が無い今のうちの検査をおすすめします。

飲酒で顔がすぐに赤くなる人は、アルコールの影響で格段に癌になりやすくなるタイプなので要注意ですよ。活性酸素は要注意です。

 

大腸カメラなら検査は半日かからないです。

手術のことを思えば簡単な話です。

 

何事も日頃の心がけがトラブルを少なくします。

 

わたしも前回大腸検査を受けてから5年が経とうとしているので、今年は検査を受けようと思います!

 

immunityup.hatenablog.com